ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > みんなの安心 介護保険 > 地域密着型サービス利用の仕方

地域密着型サービス利用の仕方

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月4日更新

地域密着型サービス利用の仕方

地域密着型サービスとは、住みなれた地域での生活を続けるための、地域の特性に応じたサービスとなります。原則として、居住する市区町村の住民の方が利用します。地域密着型の通所介護や特別養護老人ホーム、小規模多機能型居宅介護、グループホームなどがあります。

1.利用したいサービスを選びます

例:「住みなれた地域の施設に入りたい」「小規模なデイサービスに通いたい」「グループホームで生活したい」など

2.地域密着型サービスの事業所へ連絡します

利用したい地域密着型サービスの事業者を選んで連絡します。上記の内、地域密着型通所介護のサービスを希望する場合は、ケアプランを作成する居宅介護支援事業所へご連絡ください。

3.ケアプランを作成します

受けるサービスについて、各事業所でケアプランが作成されます。地域密着型通所介護のサービスを受ける場合は、居宅介護支援事業所がケアプランを作成します。

4.サービスの利用が始まります

・サービス事業者と契約します。
・ケアプランにそって、サービスを利用します。