ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > みんなの安心 介護保険 > 福祉用具・住宅改修(福祉用具貸与)福祉用具・住宅改修(福祉用具貸与)

福祉用具・住宅改修(福祉用具貸与)福祉用具・住宅改修(福祉用具貸与)

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年6月28日更新

福祉用具貸与

介護保険で決められた13品目の福祉用具が、貸し出しの対象となります。
月々の利用の負担限度額の範囲内で、実際にかかった費用の1~3割を自己負担します。
(用具の種類、事業者によってレンタル料は異なります。)

  1. 車椅子
  2. 車椅子付属品〔クッション、電動補助装置など〕
  3. 特殊寝台
  4. 特殊寝台付属品(サイドレール、マットレス、スライディングボードなど)
  5. 床ずれ防止用具
  6. 体位変換器(起き上がり補助装置を含む)
  7. 手すり
  8. スロープ
  9. 歩行器
  10. 歩行補助杖(T字杖、松葉杖、多点杖など)
  11. 認知症老人徘徊感知機(離床センサーを含む)
  12. 移動用リフト(立ち上がり座椅子、入浴用リフト、段差解消機、階段移動用リフトを含む)
    ただし、移動用リフトのつり具部分は福祉用具購入の対象になります。
  13. 自動排泄処理装置

軽度者に対する福祉用具貸与の取扱いについて

軽度者(要支援1・2、要介護1の認定を受けた方、「自動排泄処理装置」については要介護2・3の認定を受けた方)で、種目ごとに必要性が認められ、市の確認を得る等、一定の条件を満たす場合には、特例的に給付費の算定ができます。
届出の要否の判断は、直近の要介護認定調査で判定してください。

ア 車いす及び車いす付属品 ※(一)(二)いずれかに該当する者

市への確認手続きが「不要」な場合市への確認が「必要な」場合
(一)日常的に歩行が困難な者第1群7(歩行)が「できない」第1群7(歩行)が「できる」「つかまればできる」の場合は、(二)に該当するかで判断してください
(二)日常生活範囲における異動の支援が特に必要と認められる者

適切なケアマネジメントによるケアマネージャーの判断によります。

イ 特殊寝台及び特殊寝台付属品 ※(一)(二)いずれかに該当する者

市への確認が「不要」な場合市への確認が「必要」な場合
(一)日常的に起き上がりが困難な者

第1群4(起き上がり)が「できない」

第1群4(起き上がり)が「できる」「つかまればできる」の場合は、(二)に該当するかで判断してください
(二)日常的に寝返りが困難な者第1群3(寝返り)が「できない」

第1群3(寝返り)が「できる」「つかまれば可」の場合は、市への確認が必要です

ウ 床ずれ防止用具及び体位変換器

市への確認が「不要」な場合市への確認が「必要」な場合
日常的に寝返りが困難な者第1群3(寝返り)が「できない」第1群3(寝返り)が「できる」「つかまればできる」

エ 認知症老人徘徊感知器 ※(一)(二)のいずれにも該当する者

市への確認が「不要」な場合市への確認が「必要」な場合
(一)意思の伝達、介護者への反応、記憶・理解のいずれかに支障がある者

・第3群1(意思の伝達)が「できる」以外
・第3群2から第3群7のいずれかが「できない」
・第3群8から第4群15までのいずれかに「ない」以外がある
・主治医意見書において認知症の症状がある旨が記載されている場合

左記(一)(二)の両方または片方に該当しない場合
(二)移動において全介助を必要としない者第2群2(移動)が「全介助」以外左記(一)(二)の両方または片方に該当しない場合

オ 移動用リフト(つり具の部分を除く) ※(一)(二)(三)のいずれかに該当する者

市への確認が「不要」な場合市への確認が「必要」な場合

(一)日常的に立ち上がりが困難な者

立ち上がり補助椅子

第1群8(立ち上がり)が「できない」第1群8(立ち上がり)が「できない」以外

(二)移乗が一部介助または全介助を必要とする者

昇降座椅子、入浴用リフト、その他の床走行式、固定式、据置式のリフト

第2群1(移乗)が「一部介助」または「全介助」第2群1(移乗)が「一部介助」または「全介助」以外

(三)生活環境において段差の解消が必要と認められる者

玄関や階段などの段差解消のためのリフト
(段差解消機)

適切なケアマネジメントを通じ、ケアマネジャーが判断

カ 自動排泄処理装置 ※(一)(二)のいずれにも該当する者

市への確認が「不要」な場合市への確認が「必要」な場合
(一)排便が全介助を必要とする者第2群6(排便)が「全介助」第2群6(排便)が「全介助」以外
(二)移乗が全介助を必要とする者第2群1(移乗)が「全介助」第2群1(移乗)が「全介助」以外

申請方法について

軽度者に対する福祉用具貸与の取扱いについて、別添のとおり定めました。申請手続き方法等についてのガイドラインおよび申請様式を掲載しますので、ご確認ください。

軽度者に対する福祉用具貸与に関するQ&A

申請方法に関すること等、よくいただくお問合せについてまとめています。