ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 子育て情報 > 病後児保育の利用について

病後児保育の利用について

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年10月20日更新

  病気の急性期を過ぎて回復期にあるお子さんで、集団保育が困難な期間、保護者が就労等で家庭保育ができない場合に、一時的にそのお子さんをお預かりします。
  なお、お子さんの病状や施設の受入状況により、お預かりができないこともありますので、利用を希望される際は、事前に児童課までご相談ください。

実施施設

  • ぴっころ保育園 矢板市富田530番地4 Tel:0287-43-0266
  • こばと保育園  高根沢町大字宝積寺2400番地19 Tel:028-675-3315

※平成29年4月から、こばと保育園については休止中となっていましたが、平成29年10月より再開になりましたので、ご利用が可能です。

対象児童

さくら市に住所がある小学3年生までの児童で、次の要件に該当している方

  • 病気の回復期にあるが集団保育が困難な児童
  • 保護者が就労等の理由により家庭保育ができない児童
  • 医師が病後児保育を適当と認めた児童

利用料金

保育料は直接保育園へお支払いください。

ぴっころ保育園

  • 生活保護および市民税非課税世帯 0円
  • その他の世帯 1日1000円

上記のほかに給食代(300円)がかかります。

こばと保育園

  • 生活保護および市民税非課税世帯 0円
  • その他の世帯 1時間300円

利用できる日・時間

祝日、日曜日、年末年始は利用できません。また、1回7日間を限度とします。

ぴっころ保育園

月曜日から土曜日 午前7時から午後6時まで

こばと保育園

月曜日から金曜日 午前8時から午後6時まで

土曜日         午前8時から午後1時まで

利用方法

(1)児童課へ電話等で空き状況をご確認ください。

(2)利用可能である場合、利用日前日までに、児童課へ次の書類をご提出ください。

 医療機関の現症連絡票の証明手数料は自己負担です。

(3)以下の書類に記入し、当日に利用する各施設へご提出ください。

ぴっころ保育園

こばと保育園

注意点

  • 持ち物の詳細は、直接園へお問合せください。
  • 利用中、症状に変化があった場合は、緊急連絡先へご連絡します。
  • アレルギー体質等で食事制限がある場合、また、ひきつけ・ぜんそくなどの持病がある場合は、必ずお知らせください。
  • 薬は1回ずつに分けたうえで、飲み方をお知らせください。