ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月8日更新

さくら市ミュージアムからのお知らせ

 あけましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。
 令和4年最初の企画展「勝山城~戦いの時代~」は1月8日(土曜日)から開催となります。

第102回企画展 さくら市の歴史と文化 勝山城~戦いの時代~

 勝山城は鎌倉時代末期に氏家氏が築いた城で、室町時代以降は氏家氏に代わり宇都宮氏重臣の芳賀氏が入り、当時の北方防御拠点として活用されました。クーちゃん
 本展覧会では、勝山城を通して氏家を中心としたさくら市の歴史を紹介します。

勝山城リーフレット

展覧会名

第102回企画展 さくら市の歴史と文化 勝山城~戦いの時代~

会 期

令和4年1月8日(土曜日)~2月13日(日曜日)

会 場さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
(栃木県さくら市氏家1297)
時 間

午前9時-午後5時(入館は午後4時30分まで)

休館日

1月11日、17日、18日、24日、31日、2月7日

観覧料

一般 :300(210)円、高校・大学生:200(140)円、小・中学生:100(70)円
*( )内は20名以上の団体料金 *さくら市内の小・中学生は無料 
*さくら市内70歳以上の方及び障がい者手帳をお持ちの方とその介護者1名は半額
*割引きの併用はできません

主 催

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-

共 催

下野新聞社
※ご来館の際にはマスク着用、入り口での手指消毒等、感染症対策を実施した上で、他のお客さまとの間隔を十分確保して、お楽しみください。

瀧澤家住宅 (栃木県指定文化財) 一般公開中

明治期の重厚な雰囲気をよく残しており、旧氏家地区の歴史を語るシンボルとなっています。ぜひお越しください。
瀧澤家住宅について詳しくはこちらをご覧ください。
瀧澤家住宅写真2  瀧澤家住宅写真1

瀧澤家住宅 鐵竹堂・企画展示 米倉万美展 「温泉のある風景」

 令和3年11月23日をもって閉幕いたしました。たくさんのご来場、誠にありがとうございました。

onsen

◆新型コロナウイルス感染症対策の取り組みについて◆

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-及び瀧澤家住宅にご来館の際は下記の内容をお読みになり、新型コロナウイルス感染拡大を防止するため、ご理解ご協力をよろしくお願い申し上げます。

【ミュージアム・瀧澤家住宅にご来館のお客様へのお願い】

・体調がすぐれない場合は、来館をご遠慮ください。(発熱、咳、だるさ、咽頭痛など)

・館内ではマスクの着用、ハンカチで口を覆うなどの咳エチケットにご協力ください。

・受付時に非接触型体温計で検温をお願いしております。

・入館時には、入館記録票に氏名、緊急連絡先等の記入をお願いいたします。
 (事前に入館票をこちらでダウンロードいただけます入館票 [PDFファイル/176KB]

・滞在時間は最長1時間を目安にお願いいたします。

・入口にて必ず手指消毒をお願いいたします。(アルコール消毒液を設置しています)

・館内が3密になることを避けるため、入館人数を制限する場合があります。

・作品を鑑賞される際は、他のお客様と距離をあけて鑑賞いただきますようお願いいたします。(対人間隔2メートル以上)

・展示室内での会話はお控えください、壁または展示ケースに触れないようお願いいたします。

・ご来館中に体調を崩された方は、すぐに近くのスタッフにお声がけください。また、状況によってスタッフからお声がけさせていただく場合があります。