ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館 > 企画展 さくら市の歴史と文化 青木義雄と内村鑑三

企画展 さくら市の歴史と文化 青木義雄と内村鑑三

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年10月18日更新

企画展 さくら市の歴史と文化 青木義雄と内村鑑三
平成30年11月23日(金曜日・祝日)~12月24日(月曜日・祝日)

 青木義雄はさくら市狭間田の出身の実業家・銀行家・政治家であり、一方で無教会主義や非戦論を説いた近代日本を代表するキリスト教思想家・内村鑑三に師事した敬虔なクリスチャンという一面をもった人物です。
 二人の交流の足跡としてさくら市の青木義雄生家には内村鑑三からの書簡、書など400点余が遺されており、現在は、当館に寄託されています。その多くは『氏家町史料編 近代の文化人』(平成23年 さくら市史編さん委員会)に翻刻、掲載されています。
 本展では、これらの資料を展示することで、日光、塩谷での旅行や宇都宮教友会での交流といった内村鑑三と栃木のかかわり、青木義雄との公私にわたる深い交友を紹介します。

  aoki1aoki2

    リーフレット表 [PDFファイル/588KB]      リーフレット裏 [PDFファイル/626KB]

イベント

■記念講演会
(1)「内村鑑三~人と思想~」
講師 中央学院大学 現代教養学部教授 
    文学博士(東京大学) 黒川知文氏
日時 12月1日(土曜日)午後2時から
 
(2)「青木義雄と内村鑑三」
講師 元氏家町史編纂専門委員長 大嶽浩良氏
日時 12月15日(土曜日)午後2時から
 ※会場はいずれも講座室 事前申し込み不要 聴講無料

■ギャラリーコンサート
「サンポーニャとケーナの調べ/瀬木貴将コンサート」
出演 瀬木貴将(サンポーニャ、ケーナ)
    越田太郎丸(ギター)
日時 12月8日(土曜日)午後2時から
会場 エントランスホール
備考 観覧料が必要になります

同時開催 特選洋画収蔵展3 郷土ゆかりの現代絵画

さくら市ミュージアムで収蔵する、さくら市ゆかりの現代作家作品をご紹介します。

retoro      mudai

  杉山吉伸「レトロの部屋」                            森温理「無題」

開催概要

 

会期

平成30年11月23日(金曜日・祝日)~12月24日(月曜日・祝日)

会場さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
(栃木県さくら市氏家1297)

開館時間

午前9時-午後5時(入館は午後4時30分までに)

休館日

月曜日(祝日は開館)、第3火曜日

入館料

一般300(210)円、高校・大学生200(140)円、小・中学生100(70)円
*( )内は20名以上の団体料金
*さくら市内の70歳以上の方、さくら市内の障害者手帳をお持ちの方とその介護者は半額

主催

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-

共催下野新聞社