ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館 > 第15回さくら市ミュージアムこども絵画展

第15回さくら市ミュージアムこども絵画展

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年1月15日更新

第15回さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館- こども絵画展
平成30年1月4日(木曜日)~1月28日(日曜日)

  当館のこども絵画展は、絵画を通して身の回りの風景や事象に関心をもち、その感動を描く楽しさを味わうことを目的として、今年で15回目を迎えました。さくら市内の園児、小・中学生から応募された絵画作品、293点を展示します。

  ◎荒井寛方賞受賞4作品

 「だいすきなくわがた」    「わたしのあさがお」
          保育園・幼稚園の部                             小学校下学年の部
        ふれあい保育園年少 水口慎次郎                     上松山小学校1年 福井愛水花
            「だいすきなくわがた」                             「わたしのあさがお」

  

「谷川岳ロープウェイからの景色」 「ポンプ小屋」
        小学校上学年の部                               中学校の部
       氏家小学校5年 寺澤萌々香                      喜連川中学校2年 稲澤朱
      「谷川岳ロープウェイからの景色」                         「ポンプ小屋」

 

同時開催

テーマ展示「むかしのくらしの道具展」 
平成30年1月4日(木曜日)~1月28日(日曜日)   市民ギャラリー

 電気が普及する以前と、電気が普及し電化製品が登場して人々の生活が大きく変化した様子を、くらしの道具や当時の写真などで紹介します。小学生が学ぶ「くらしはどのようにうつりかわってきたの」のカリキュラムにあわせた展示ですが、大人の方も懐かしくご覧いただければと思います。

   むかしのくらしの道具展                            

開催概要

会期

平成30年1月4日(木曜日)~1月28日(日曜日)

会場さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
(栃木県さくら市氏家1297)

開館時間

午前9時-午後5時(入館は午後4時30分までに)

休館日

月曜日(祝日は開館)、第3火曜日

入館料

一般300(210)円、高校・大学生200(140)円、小・中学生100(70)円
*( )内は20名以上の団体料金
*さくら市内の70歳以上の方、さくら市内の障がい者手帳をお持ちの方とその介護者は半額

主催

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-

後援

下野新聞社、NHK宇都宮放送局、栃木放送、エフエム栃木、とちぎテレビ
氏家ロータリークラブ、氏家ライオンズクラブ、寛方・タゴール会、氏家商工会
喜連川商工会、氏家観光協会、喜連川観光協会、さくら市文化芸術協会
MOAインターナショナル栃木