ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > さくら市ミュージアム 荒井寛方記念館 > 第101回企画展 さくら市の歴史と文化

第101回企画展 さくら市の歴史と文化

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年11月10日更新

宇都宮・会津仕置430周年記念行事
喜連川足利氏誕生の軌跡  
令和2年11月28日(土曜日)~12月23日(水曜日)

 喜連川氏は、室町幕府を開いた足利尊氏の息子、基氏(もとうじ)を祖とする鎌倉公方の子孫です。戦国時代には「古河公方」「小弓公方」に分裂しましたが、天正18(1590)年に豊臣秀吉がおこなった「宇都宮・会津仕置」を経て、両公方家が婚姻によって統一され、喜連川氏が誕生します。
 本企画展では戦国時代を生き抜いた「古河公方」「小弓公方」から近世に残った「喜連川氏」の成立過程を紹介します。

  リーフレット表

   リーフレット【表】PDFデータ [PDFファイル/556KB] 

   リーフレット【裏】PDFデータ [PDFファイル/596KB]

関連イベント 【事前予約制(先着順)】

■記念講演会 『関東公方末裔喜連川氏』 

  講師:聖学院大学准教授 阿部 能久 氏

  日時:令和2年12月6日(日曜日) 午後2時~

  場所:さくら市ミュージアム内 市民ギャラリー

  定員:30名 ※事前予約制(先着順)

  費用:無料 (展示をご覧になる場合は観覧料がかかります)

  申込:お電話にてお申し込みください。お申し込みは、ご本人様と他1名様に限らせていただきます。
      
      【令和2年11月18日(水曜日)午前9時~電話受付開始】


■時代小説アンソロジー『足利氏の血脈』(仮題)発刊記念
  著者によるトークショー・サイン会

  出演:歴史小説イノベーション 操觚の会
      鈴木 英治 氏、早見 俊 氏ほか(予定)

  日時:令和2年12月19日(土曜日)午後2時~

  場所:さくら市ミュージアム内 市民ギャラリー

  定員:30名 ※事前予約制(先着順)

  費用:要観覧料

  申込:お電話にてお申し込みください。お申し込みは、ご本人様と他1名様に限らせていただきます。
      
      【令和2年12月1日(火曜日)午前9時~電話受付開始】

開催概要

 

会期

令和2年11月28日(土曜日)~12月23日(水曜日)

会場さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-
(栃木県さくら市氏家1297)

開館時間

午前9時-午後5時(入館は午後4時30分までに)

休館日

11月30日、12月7日、12月14日、12月15日、12月21日

観覧料

一般300(210)円、高校・大学生200(140)円、小・中学生100(70)円
*( )内は20名以上の団体料金
*さくら市内小中学生は無料
*さくら市内の70歳以上の方及びさくら市内の障害者手帳をお持ちの方と介護者1名は半額

主催

さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館-