ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 桜の郷づくり > 桜守活動を行いました50

桜守活動を行いました50

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年12月9日更新

地域の桜を地域で守り育てています。

活動紹介

令和元年12月7日 土曜日 午前9時~10時

【荒川桜づつみ・鬼怒川桜づつみ施肥作業】

 荒川桜づつみの一葉桜と鬼怒川桜づつみのソメイヨシノに施肥を行いました。今年は、さくら市桜マイスター指導のもと、オーナー・桜守ネットワーク・ボランティア・そして地元企業の皆さんにご協力いただき、荒川桜づつみの約100本、鬼怒川桜づつみ(第3期)の約150本に施肥をすることができました。「市」「企業」「市民の皆さん」が協力した、とてもよい活動となりました。来春に咲く桜は栄養たっぷり!きっときれいな桜が咲くでしょう!皆様のご協力ありがとうございました。

                         〔荒川桜づつみ〕

  arakawa1 荒川4

                         〔鬼怒川桜づつみ〕

  ゆうゆう1 ゆうゆう2

令和元年12月7日 土曜日 午前10時30分~正午

【鬼怒川桜づつみの保全活動】 

 以前より市民の方から、桜の木にコケのようなものが付着しているとのご指摘がありました。日本花の会樹木医の和田博幸先生に相談をしたところ、「このコケは「オオカノコゴケ」と呼ばれる地衣類の一種であり、基本的には桜の生育には悪影響を及ぼすものではないが、地衣類の繁殖が著しい。桜の木の幹も呼吸をしているので悪影響が出ることもある。」ということでした。高圧洗浄機で洗い落とすなどで対応ができるというアドバイスをいただきまして、今回、高圧洗浄機で除去作業をしました。高圧洗浄機を当てたところは、見事に、地衣類が剥がれ落ち、もともとの綺麗な幹になりました。今回は、ゆうゆうパーク駐車場付近の桜を綺麗にしました。今後も、桜守活動として、さくら市の桜を皆様と一緒に守っていきたいと思います。

 コケ洗浄1 コケ洗浄3  

 コケ洗浄7 コケ洗浄8

  コケ洗浄5 コケ洗浄4

           ↑洗浄前                        ↑洗浄後