ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

住民税非課税世帯等に対する臨時特別給付金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2022年1月7日更新

 本給付金は、 新型コロナウイルス感染症の影響が長期化する中、様々な困難に直面した方々が、速やかに生活・暮らしの支援を受けられるよう、住民税非課税世帯等に対して、1世帯当たり10万円を給付するものです。

給付対象者

 下記の (1) または ( 2 ) のいずれかに該当する世帯の世帯主

 ただし、世帯全員が、住民税が課税されている他の親族等の扶養を受けている場合には、給付対象外となります。

( 1 )住民税非課税世帯

 基準日(令和3年12月10日)においてさくら市に住民登録があり、世帯全員の令和3年度分の住民税均等割が非課税である世帯

※世帯に未申告の方(住民税の申告がお済みでない方)がいる場合は、別途、申請が必要となる可能性や、「世帯全員が住民税非課税であること」の確認ができず給付対象外となる可能性があります。
 対象と考えられる世帯の中で、未申告の方は、申告を済ませてください。

( 2 ) 家計急変世帯

 申請時点においてさくら市に住民登録があり、新型コロナウイルス感染症の影響を受けて令和3年1月から令和4年9月までの間で家計が急変し、世帯全員のそれぞれの1年間の収入見込み額が、住民税非課税水準に相当する額以下となる世帯

※新型コロナウイルス感染症の影響により、収入が減少したわけではないのにも関わらず、意図的に給付を申請した場合、不正受給(詐欺罪)に問われる場合がありますのでご注意ください。

給付額

 1世帯当たり10万円

※1世帯1回限りの給付です。上記のいずれかの給付を受けた世帯に属する者を含む世帯は、給付金の区分に関わらず、再度給付を受けることはできません。

給付金の申請手続き

( 1 )住民税非課税世帯

・令和4年2月中旬頃、対象と思われる世帯に対し、給付内容や確認事項が記載された「確認書」を送付する予定です。

・確認書には、令和2年に実施した特別定額給付金(国民1人当たり10万円の給付金)の際にお振込みした口座を記載しますので、口座番号等に変更が無いかご確認いただくほか、対象要件に合致することをご確認いただき、同封する返信用封筒により、確認書をご返送ください。

※令和2年の特別定額給付金をさくら市から受給していない場合や受給口座を変更する場合、代理申請(受給)を行う場合などは、確認書の他、口座確認書類や本人(代理人)確認書類の提出が必要です。

( 2 )家計急変世帯

・申請時点で住民登録のある市区町村へ申請が必要となります。

・申請受付窓口は、市役所本庁舎1階「福祉課 生活福祉係」(TEL:028-681-1106)となります。
 申請受付は、令和4年2月中旬から開始する予定です。

・令和3年1月以降令和4年9月までの任意の1か月の収入を12倍し、合計額が非課税相当になる方が対象です。
 該当する月の給与明細等をご用意していただく予定です。

※新型コロナウイルス感染症の影響によらない減収は対象外です。

※その他、申請方法や申請書類等につきましては、決まり次第お知らせいたしますので、今しばらくお待ちください。

給付時期

 申請受付状況に応じ、令和4年2月下旬~令和4年3月上旬から給付を開始します。

※申請内容に不備がある場合など、給付が遅くなることがありますのでご注意ください。

臨時特別給付金を装った詐欺等にご注意ください

 「特殊詐欺」や「個人情報」、「通帳、キャッシュカード」、「暗証番号」の詐取にご注意ください!
 市や内閣府などが現金自動預払機(ATM)の操作をお願いすることや、給付のために、手数料の振込みを求めることは、絶対にありません。
 不審な電話や郵便があった場合には、市や最寄の警察署にご連絡ください。

お問い合わせ

内閣府コールセンター

電話番号:0120-526-145

受付時間:午前9時から午後8時(土曜日・日曜日、祝日を含む。)

さくら市役所総合政策課

〒329-1392 栃木県さくら市氏家2771番地

電話番号:028-681-1113

受付時間:午前8時30分から午後5時(平日のみ)

メール:sogoseisaku@city.tochigi-sakura.lg.jp