ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症に関する情報 > 新型コロナウイルス感染拡大防止協力金について
発生状況(さくら市)
相談窓口
支援情報
さくら市の対応
小中学校に関する情報
保育園に関する情報
市民の皆さんへ
施設(公民館・図書館等)利用者の皆さんへ
事業・イベント等の中止(延期)について
中小企業者・事業主の皆さんへ

新型コロナウイルス感染拡大防止協力金について

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年4月28日更新

 栃木県では、新型コロナウイルス感染拡大防止のため、県の要請・協力依頼に応じて施設の使用停止に全面的にご協力いただいた事業者等に対し、協力金を支給します。

新型コロナウイルス感染拡大防止協力金

支給額

  1事業者 最大30万円  

  (1事業者あたり10万円。事業者等を賃借している場合は10万円を加算、複数事業所を賃借している場合はさらに10万円を加算)

申請要件

(1)県が基本的に休止を要請する施設(=休業要請)または協力を依頼した施設及び食事提供施設について、緊急事態  措置以前に開業し、かつ営業の実態がある事業者

(2)県内で営業する事業所を令和2年4月21日(火)から5月6日(水)まで継続して休業した事業所(食事提供施設がテイクアウト、デリバリーのみの営業に切り替えた場合も含む)

 ただし、ホテルまたは旅館については、令和2年4月28日(火)から5月6日(水)まで継続して休業した事業者

申請方法

 新たに「(仮)新型コロナウイルス感染拡大防止協力金受付センター」を令和2年5月1日(金)13時に開設し、電話相談等を行います。

 なお、申請は感染拡大防止の観点からインターネットまたは郵送となります。

申請受付期間

  令和2年5月7日(木)から6月30日(火)  (消印有効)

申請に必要な書類(予定)

(1)協力金申請書

 ・本人確認書類(法人の場合は法人代表者の運転免許証の写し、個人の場合は運転免許証の写し 等)を添付

(2)緊急事態措置以前に営業を行っていることがわかる書類

 ・直近の確定申告書の写し、業種にかかる営業に必要な許可や免許(飲食店営業許可証、酒類販売免許 等) の写し

 ・施設の外景写真(店舗名等入り)及び内景写真等

(3)期間中の休業が確認できる書類

 ・休業期間を告知するホームページ・店頭表示の写し、DM 等

(4)事業所等の賃貸を確認できる書類

 ・賃貸借契約書の写し 等

(5)誓約書

詳しくはこちらをご覧ください。

 制度の概要(栃木県ホームページへのリンク)