ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境課 > 石綿(アスベスト)対策について

石綿(アスベスト)対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年8月30日更新

 石綿(アスベスト)に関する、住民の皆さんからの健康不安等の各種相談窓口が、栃木県および関係機関で整備されましたのでお知らせします。

石綿(アスベスト)とは

石綿(アスベスト)は、天然に産する繊維状けい酸塩鉱物で「せきめん」「いしわた」と呼ばれています。その繊維が極めて細いため、研磨機、切断機などの施設での使用や飛散しやすい吹付け石綿などの除去等において所要の措置を行わないと石綿が飛散して人が吸入してしまうおそれがあります。以前はビル等の建築工事において、保温断熱の目的で石綿を吹き付ける作業が行われていましたが、昭和50年に原則禁止されました。

その後も、安価な工業材料でしたのでスレート材、ブレーキライニングやブレーキパッド、防音材、断熱材、保温材などで使用されましたが、現在では、原則として製造等が禁止されています。

石綿は、そこにあること自体が直ちに問題なのではなく、飛び散ること、吸い込むことが問題となるため、労働安全衛生法や大気汚染防止法、廃棄物の処理及び清掃に関する法律などで飛散予防等が図られています。

 

石綿(アスベスト)相談窓口一覧

石綿(アスベスト)に関する相談は、下記一覧にある窓口へお問合わせください。なお、対応機関の名称をクリックするとその機関のホームページ(外部サイト)へリンクします。

アスベスト対策に関する相談窓口一覧
対応区分対応機関(電話番号)

健康、周辺環境について
建築物の解体等について
大気汚染防止法関係

栃木県県北環境森林事務所(Tel:0287-22-2277)
建築物、建材について(アスベスト含有建材データベース)栃木県県土整備部住宅課(Tel:028-623-2482)
労働者の健康診断について栃木労働局安全衛生課(Tel:028-634-9117)
労災補償制度について栃木労働局労災補償課(Tel:028-634-9118)
建築物の解体等について(労働安全衛生法関係)
石綿障害予防規則(外部サイトへリンク)
宇都宮労働基準監督署(Tel:028-633-4251)

アスベスト対策のしおりなど栃木県のアスベスト対策全般

栃木県環境森林部環境保全課(Tel:028-623-3188)

 アスベストに関する国等の情報

石綿(アスベスト)に関する国等の機関からの情報は、下記からご確認ください。名称をクリックすると各機関のホームページ(外部サイト)へリンクします。