ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境課 > 電池類の出し方について

電池類の出し方について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月14日更新

電池には、乾電池や充電式電池などたくさんの種類があり、材料として使用される金属資源もさまざまです。
電池を適正に処理することは、貴重な資源の再利用につながりますのでご協力ください。

乾電池(アルカリ・マンガン・コイン電池など)

「不燃ごみ」の収集日に出してください。
中身の見える袋に入れ、「不燃ごみのコンテナの上」に乗せてください。
なお、コイン型リチウム電池(型番がCRまたはBRのもの)は乾電池と一緒に回収しています。

            乾電池

※充電式電池、ボタン電池はお近くのリサイクル回収協力店にお持ちください。
  詳細は下記の内容をご参照ください。

充電式電気

 ニカド電池、ニッケル水素電池、リチウムイオン電池の充電式電池は、お近くのリサイクル回収協力店などの設置してある「小型充電式電池リサイクルBOX」に入れてください。

             リサイクルボックス  【リサイクルBOX】

 充電式電池は、電動工具・コードレステレホン・デジタルカメラ・電動アシスト自転車・CDプレーヤー・ビデオカメラ・ノートパソコンなどに使用されており、リサイクルマークが付いています。

ニカド電池 ニッケル水素電池 リチウムイオン電池  【リサイクルマーク】

 リサイクル回収協力店など、詳しくはJBRCのホームページをご覧ください。

 一般社団法人 JBRC(外部リンク)

ボタン電池

 酸化銀電池(型番がSR)、空気電池(同PR)、アルカリボタン電池(同LR)のボタン電池は、お近くのリサイクル回収協力店などに設置してある「ボタン電池回収缶」に入れてください。

          ボタン電池回収缶  【ボタン電池回収缶】

 ボタン電池は、腕時計・補聴器・電子体温計などに使用されています。

 リサイクル回収協力店など、詳しくは電池工業会ボタン電池回収推進センターのホームページをご覧ください。

 一般社団法人 電池工業会ボタン電池回収推進センター(外部リンク)