ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境課 > 秋の狂犬病予防注射のお知らせ

秋の狂犬病予防注射のお知らせ

印刷用ページを表示する 掲載日:2017年9月1日更新

狂犬病予防接種は飼い主の義務です

獣医師と犬と飼い主 生後91日以上のすべての犬は、法律により年1回の狂犬病予防接種が義務づけられていますので、犬の飼い主の方は責任をもって受けさせてください。

 また、犬の登録が済んでいる場合は「問診票付案内ハガキ」を郵送しますので、かかりつけまたは最寄り動物病院で、注射を受ける時にお持ちください。(動物病院でも登録ができます。)

 なお、獣医師の戸別訪問による予防注射をご希望の場合は、市環境課または、動物病院にご相談ください。

※今年度は、春季のみ実施し、秋の集団予防接種は行いません。

問合先

犬が死亡した場合、行方不明になった場合は

市環境課 電話 028-681-1126

犬、猫に関する苦情・相談は

栃木県動物愛護指導センター 電話 028-684-5458 

 

ふんの後始末きちんとしていますか?

犬の散歩散歩の仕方やふんの始末についての苦情が数多く寄せられています。飼い主の方は、だれもが気持ちよく生活できるようマナーを守りましょう。

  • 散歩中にした「ふん」は必ず持ち帰りましょう
  • 散歩は必ずリード(引き綱)をつけましょう

迷子札をつけましょう

迷子札をつけましょう最近、迷子の犬が増えていますが、ほとんどの犬に迷子札がついていないために飼い主と連絡を取ることができません。

飼い主を明らかにするため、市で交付した鑑札や予防注射済票、迷子札をつけましょう。