ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 農政課 > 野生獣との遭遇による事故に注意してください

野生獣との遭遇による事故に注意してください

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年12月14日更新

イノシシが出没しています!野生獣との接触等による事故に十分注意してください。

イノシシ等の野生獣は夕方から早朝にかけて活発に行動します。

 イノシシは本来、警戒心が強いため、人間が活発に行動している時間帯を避け、夕方から早朝にかけて活発に行動する傾向があります。(夜行性であるというわけではありません)

イノシシとの接触等に十分注意してください!

  イノシシと出会わないために、夕方や早朝に散歩などをする場合は、音や光で知らせるなど、人間の存在を知らせる工夫をしてください。

  野生獣と出会ってしまったときは、静かにその場を立ち去ってください(急に動くとイノシシ等が驚いて、思わぬ事故につながります)。また、物陰に身を隠したり、高いところに移動したりするなど、安全を確保してください。

もし、遭遇してしまった場合は、下記の点に注意して行動してください。

  • 野生獣との距離が離れている場合、不用意に接近したりせず、避難することが大切です。

  • 野生獣との距離が近い場合、大声で威嚇したり、棒を振り上げたり、石を投げたりせず、その場から離れましょう。

  • 野生獣の逃げ道が、人間がいる方向に限られる時には接近してくることがあります。その際には、野生獣の逃げ道を明け渡しつつ、安全な場所に避難しましょう。野生獣が興奮状態にあるときや威嚇行動を示している場合、早くに避難する必要があります。

  • 安全な場所とは、野生獣から人間が見えない場所や簡単に登れない場所です。周囲に住宅があれば住宅内に避難したり、立木に登るのも有効な避難方法です。