ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 商工観光課 > さくらブランド 喜連川丘陵産「杉の椅子/桧・杉のテーブル」

さくらブランド 喜連川丘陵産「杉の椅子/桧・杉のテーブル」

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年3月31日更新

桧・杉のテーブル杉の椅子

杉の椅子01

商品の説明

 これまで木の椅子といえば広葉樹が常識で、杉の椅子は皆無でした。木組みがゆるむためやわらかい杉材は非常識だったのです。強度と耐久性をそなえた新たな接合方法を開発し、『杉の椅子』が実現しました。
 軽くてぬくもりがあり、人と環境にやさしい究極の椅子を多彩に供給しているのは、栃木県さくら市だけです。ぜひ、座ってさわって持ってみてください。
 里山原風景が残り、生物多様性の宝庫でもある国内有数の里山地帯『喜連川丘陵』に残された、旧穂積小学校で製作販売しています。

桧のテーブル

商品の説明

 杉や桧といえば花粉症のイメージで悪者扱いされていますが、その素材はやわらかいぬくもりがあり軽く、人に極めて優しい素材です。杉はやわらかいがゆえ木組みがゆるみやすいことなど、テーブルや椅子など家具には用いられず、家具といえば硬い(重たい・冷たい)広葉樹が常識だったのです。 
 この商品は、テーブル天板に桧を用い、脚材に杉を用いたテーブルです。軽くてぬくもりがある“テーブル”を提供できるようになりました。すでに認証頂いている杉の椅子”とセットでご使用いただければ、その質(軽さとぬくもり)の高さを実感いただける商品です。
 また広葉樹材に比べ材料費は極めて安価で加工性に優れます。無垢の自然素材でありながら一般家庭用はもちろんオフィスやレストランなど多様な用途やデザイン形状に容易に応えられるこれまでにない商品です。 
 桧・杉のテーブルや杉の椅子は栃木県さくら市だけです。まずは、一度さくら市を訪れてみてください。

杉のテーブル

認証品詳細

商品名喜連川丘陵産
「杉の椅子」「桧・杉のテーブル」
申請者

喜連川丘陵の里 
        杉インテリア木工館

一般社団法人素木工房里山想研

電話番号028-685-3841
住所栃木県さくら市喜連川穗積478
定休日、営業時間

月曜日(祝日の場合は翌日休)
9:00~17:00


主な販売店

  • 喜連川丘陵の里 杉インテリア木工館
  • 道の駅きつれがわ
 

さくらブランドのトップに戻る