ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 都市整備課 > さくら市土地開発指導要綱の一部改正について(平成30年4月1日施行)

さくら市土地開発指導要綱の一部改正について(平成30年4月1日施行)

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年2月13日更新

 さくら市では、市街地の合理的な土地利用の促進を図るため、さくら市土地開発指導要綱の一部を改正いたします。

 施行は平成30年4月1日からになりますのでご注意ください。

主な改正内容

 さくら市土地開発指導要綱 第10条 設計に関する基準 (2)過小宅地の制限

 【改正前】

  宅地および建売分譲開発における1宅地の敷地面積は、200平方メートル以上とする。

 【改正後】

  宅地および建売分譲開発における1宅地の敷地面積は、用途地域内にあっては150平方メートル以上、用途地域外にあっては200平方メートル以上とする。ただし、当該地域が都市計画法(昭和43年法律第100号)第12条の4第1項第1号の地区計画の区域内である場合は、この限りではない。

 ○新旧対照表

  新旧対照表 [PDFファイル/20KB]

施行期日

 本要綱改正は平成30年4月1日から施行します。

 施行日以後に事前協議申請するものが対象となります。