ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > パブリックコメントの結果(さくら市シティプロモーション戦略(案))

パブリックコメントの結果(さくら市シティプロモーション戦略(案))

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年3月13日更新

さくら市 シティプロモーション戦略(案)に関するパブリックコメントの結果をお知らせします

意見募集期間

平成31年2月1日(金曜日)から2月28日(木曜日)まで

提出状況

提出者:1名 意見総数:5件

提出の方法

郵送:1名

公表資料等

提出された意見等の概要

「さくら市シティプロモーション戦略(案)」について、皆さんからの意見を募集いたしました。その結果、1名の方から5件の貴重なご意見をいただきましたので、次の通り公開します。なお、ご提出いただいたご意見等は内容により整理し、概要として掲載しています。
ご意見市の考え方
アンケートの結果、さくら市民は住みやすさに満足しており、市民が市の良さを情報発信するのが効果的かつ低コストだと思う。本文にある「市民サポーター制の検討」がこれに該当すると思われ、是非、市民が積極的に参加出来る形にして取り入れていただきたい。ご意見の通り、市民の方々との協働による情報発信は有効だと考えています。「市民サポーター制」を含めて市民の方々が積極的に参加できる制度や機会の創出を検討し、実践していきます。
アンケートの結果において「充実している」「多い」を市民の満足度として捉えているが、「充実・多い=満足」ではないのでは?例えば飲食店では、大好きなお店が1店舗でもあれば満足と感じる人もいるはず。増やす取り組みでなく満足度を高める取り組みを進めていただきたい。ご意見の通り、「充実している」「多い」の回答がすべて「満足度」とイコールでありませんが、アンケートの結果を推し測るひとつの指標としている事をご理解ください。また、今後の取り組みに関して満足度を高められるよう努めていきます。
Webプロモーションについて、ポータルサイトやブランディングホサイトの立ち上げは有効だと感じる。現在のサイトは情報が散らばっているわりに、たどり着いても欲しい情報が載っていないことが多いと感じる(各施設の情報や、観光案内、移住者向けサイト、など)。新しく立ち上げるサイトにおいては、たどり着きやすく、中身の充実したものにしていただきたい。

現在、観光に関するホームページのリニューアルを進めています。ホームページの作成にあたっては、わかりやすい事と内容が充実している事も重視しています。ご意見の通り、今後のサイト等の作成においても、わかりやすく内容が充実するよう努めていきます。

Snsをもっと効果的に使うだけでも、十分にアピールできると思う。現在の各Snsは、更新頻度や発信内容&方法が魅力に欠けていると感じる。Snsを私用している年代やターゲットを吟味し、より魅力的な発信ツールとして活用していただきたい。ご意見の通り、Snsを効果的に利用する事でより有効な情報発信が出来ると考えています。発信内容、更新頻度、方法などについて、検討しながら有効な情報発信手段として活用していきます。
来月から常設展示されるプロジェクションマッピングはシティプロモーションのひとつと捉えているが、費用対効果(話題性や集客力)に疑問を感じる。投資が無駄にならないよう、各場所に設置する意義、常設であることの価値をしっかりとアピールしていただきたい。ご意見の通り、プロジェクションマッピング設備は常設であり、プロジェクションマッピングの映像投影のみでなく、情報発信、広告利用や市民の方々がより多く集い、楽しめる映像・画像の投影など効果的かつ有効に活用できるよう今後の運用をしていきます。