ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > ハンガリートライアスロンチームが事前キャンプを実施しました

ハンガリートライアスロンチームが事前キャンプを実施しました

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年8月20日更新

 令和3年7月15日(木)から7月22日(木)までの間、東京2020オリンピック・パラリンピック競技会に参加するハンガリートライアスロンチームが、ホストタウンであるさくら市で事前キャンプを行いました。

 新型コロナウイルス感染症対策のため、選手たちの行動管理や交流規制等が行われましたが、円滑にトレーニングを実施し、無事に選手村に送り出すことができました。
 キャンプ期間中は、練習施設の貸切へのご協力や選手たちへのご声援をいただき、ありがとうございました。

 なお、事前キャンプに係わるこれまでの経緯や概要については、別ページ(ハンガリートライアスロンチームの事前キャンプについて)をご確認ください。

チーム紹介

 集合写真

左から、ガーボル・ポジュガイコーチ、ベンツェ・ビチャーク選手、ジャネット・ブラッグマイエル選手、タマーシュ・ベンツェ・トート選手、ジョーフィア・コヴァーチュ選手、チャバ・クットルコーチ、シラールド・ゲルゲイ・トートコーチの計7名です。
(詳しくはこちらの名簿をご覧ください。ハンガリートライアスロン名簿 [PDFファイル/196KB]

事前キャンプの様子

入国時

 選手団到着 約14時間のフライト及び空港での検査を終え、日本に入国しました。

練習

 バイク練習 バイク練習2

 ↑ 穂積地区内公道でのバイク練習。地域の皆様から声援やハンガリー国旗を用いた応援をいただきました。

スイム

 ↑ B&G海洋センターでのスイム練習。

総合公園 総合公園2

 ↑ さくらスタジアムでのラン練習。休むことなく延々と走り続ける選手のストイックさに驚かされました。

食事

カツ 寿司

日本の食文化を感じてもらえるような食事(寿司やゲン担ぎの意味を込めたカツ定食など)を選手たちに提供しました。

お見送り

お見送り ジャネット 

事前キャンプ最終日(7月22日)、選手村へ移動する選手たちへ激励のあいさつを行いました。
選手たちからは、練習のサポートや食事への感謝のほか、「またぜひ、さくら市に来たいです!」との言葉をいただきました。

大会の結果

男子個人

 ベンツェ・ビチャーク選手…7位入賞
 タマーシュ・トート選手…29位

女子個人

 ジャネット・ブラッグマイエル選手…12位
 ジョーフィア・コバーチュ選手…記録なし(周回遅れ)

男女混合リレー

 男女各2名(上記4名の選手が参加)・・・総合11位