ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > 住宅・土地統計調査を実施します

住宅・土地統計調査を実施します

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年8月29日更新

調査の目的

   住宅・土地統計調査は、我が国における住戸(住宅および住宅以外で人が居住する建物)に関する実態ならび現住居以外の住宅および土地の保有状況、その他住宅等に居住してる世帯に関する実態を調査し、その現状と推移を全国および地域別に明らかにすることにより、住生活関連施策の基礎資料を得ることを目的とした調査です。 

調査の対象

  調査は、平成27年国勢調査の調査区の中から、総務大臣が指定した調査区において、平成30年2月1日現在で設定した約22万の調査単位区の中から選ばれた約370万の住戸・世帯を対象として行われます。

調査の期日

 調査は、平成30年10月1日(月曜日)を調査期日として行われます。

調査の方法

  調査は、調査員が世帯を訪問し、調査票を配布・収集する方法により行います。なお、調査票の収集のほか、インターネットによる回答および郵送による調査票の提出も可能としています。

  詳細については、総務省統計局のホームページ(外部サイト)をご覧ください。