ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > パブリックコメントの結果(お丸山地区再整備基本構想(案))

パブリックコメントの結果(お丸山地区再整備基本構想(案))

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年12月1日更新

お丸山地区再整備基本構想(案)に関するパブリックコメント結果

 意見募集期間

平成24年8月24日(金曜日)から平成24年9月18日(火曜日)

提出の状況

 提出者:1名  意見総数:3件

提出の方法

メール:1名

公表資料等

提出された意見等の概要

 企画政策課では、「お丸山地区再整備基本構想(案)」について、皆さんからの意見を募集しました。その結果、1名の方から3件の貴重な意見をいただきましたので、次のとおり公表します。なお、提出された意見等は内容により整理し概要として掲載しています。

番号

ご意見

市の考え方

 「ゆもと」温泉利用者や近辺の旅館宿泊者が楽しめるよう復旧工事道路を活用した頂上展望台への散策路を設置してはどうか。

 本構想P47において、お丸山復旧工事により生じる斜面等の活用の可能性、仮設道路等の事業後の取り扱いについては、現時点では不確定な要素が多いことから災害復旧事業の状況を見据えながら検討していくこととしており、今後、いただいた意見を踏まえて検討していきたいと考えます。

 市街地活性化のため「小江戸」景観を醸し出す構想(例:商店等の屋号看板の設置)を実施してみてはどうか。

 本構想P37において、お丸山地区周辺のまちづくり構想を記載しており、その中で既存資源の魅力アップも行って行くこととなっております。いただいたご意見も参考としながら、既存のまちづくりグループやNPO団体等と連携し、喜連川の魅力づくりを行ってまいります。

 子供の遊び場の候補地として道の駅北西部が記載されているが、近くに水辺公園があるため候補地としては不適と思われる。

 ご指摘のとおり、この候補地は近くに水辺公園があり、子どもの遊び場が近隣に存在しております。このことを踏まえ水辺公園や道の駅との連動のメリットやデメリット、費用対効果等を踏まえて検討していきたいと考えます。