ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 下水道課 > 開発行為に係る土地の受益者負担金等の取り扱いについて

開発行為に係る土地の受益者負担金等の取り扱いについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2020年3月14日更新

開発行為に係る土地の公共下水道受益者負担金を減免します

 さくら市への定住を促進するため、敷地面積1,000平方メートル以上の開発行為について令和2年4月1日以降に許可を受けたものに対し、居住のための土地に係る公共下水道受益者負担金・排水区域外接続協力金を減免します。

減免の対象となる要件

以下のすべての要件を満たしている必要があります。
 1 さくら市土地開発指導要綱の規程による許可を令和2年4月1日以降に受けていること
 2 居住のための土地であること
 3 公共下水道施設に接続した下水道管・公共汚水ますを設置後に市に無償で移管すること

減免する金額

公共下水道施設に接続した下水道管・公共汚水ますの設置工事費用を減免額とします。
 設置工事費用が賦課される負担金・協力金より多い場合は、全額を減免します。
 設置工事費用が賦課される負担金・協力金より少ない場合は、差額を納付することになります。

減免を受けるための手続き

1 下水道管・公共汚水ますの着工前
 (1)公共下水道事業負担金減免申請書 [Wordファイル/17KB]
 (2)減免を受ける土地の位置図
 (3)減免を受ける土地の地積図
 (4)設置する下水道管・公共汚水ますの配置図
 (5)減免を受ける土地の地積を証明する書類の写し

2 減免を受ける理由が消滅したとき
   公共下水道事業負担金減免消滅届 [Wordファイル/15KB]

3 下水道管・公共汚水ますの工事完了後
   公共公益施設等の維持管理引継書 [Wordファイル/26KB]

さくら市開発行為に係る土地の受益者負担金等の取扱要綱 [PDFファイル/79KB]