ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 学校教育課 > 食品の放射性物質簡易検査をご利用ください

食品の放射性物質簡易検査をご利用ください

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年5月11日更新

食品の放射能濃度を測定してみませんか?

 市では平成24年4月9日から食品の放射性物質を身近で測定できるよう、簡易測定器を設置し、市民から申し込みのあった食品について無料で簡易検査を実施します。

1.対象者  

市内に住所を有している成人の方

2.検査対象品目  

食料品、農産物(主に自家消費用野菜等)、田畑、家庭菜園の土壌等

  ただし、以下のものは検査対象外となります。

  • 水、落ち葉等
  • 県外製造品および原産地が県外のもの
  • 販売、製造元、原材料の産地、採取場所等が不明で汚染原因が特定できないもの

3.分析できる放射性物質  

セシウム134・137、ヨウ素131

4.検出限界  

ヨウ素131:25Bq/kg未満 セシウム134 セシウム137合計:25Bq/kg未満

5.検体の必要量  

可食部1.2リットル(おおよそ1kg)

 例)ジャガイモの場合:根・皮等を取り除いた食べることのできる部位

    普通サイズでおおよそ10個程度必要です。

6.検査できる数  

1回の予約でひとり1検体まで

7.予約  

さくら市喜連川庁舎 学校教育課 電話028-686-6620

予約受付時間 平日(月曜日から金曜日)の午前8時30分~午後5時

(注意)1度予約をすると、検査を行うまで新たな予約はできません。

8.検査場所  

さくら市役所喜連川第2庁舎2階 食品放射性物質測定室(旧相談室)

9.検査時間  

月曜日~金曜日(祝・祭日・年末年始は除く)の午前9時~午後4時30分

(注意)検査には処理や検査、説明などで1検体あたり約1時間かかります。

10.検査方法  

(1)事前に予約が必要です。

 予約の際、申込者様のお名前、住所、検査希望品目、自家栽培か否か、栽培場所もしくは採取場所、購入場所等をお聞きし、お持ちいただく量や前処理方法などを説明します。※予約は申し込み順となります。

(2)可食部をペースト状になるまで前処理をした検査品1.2リットル程度を透明なビニール袋に入れて予約された時間までに、食品放射能物質測定室までお持ちください。

(3)申込書・同意書に必要事項を記入いただき、検査当日に提出してください。

(4)検査終了後、その場で検査結果をお渡しします。

(5)検査品を返却します。(検査品の処分は申込者様でお願いします。)

11.持ってくる品  

身分証明書(運転免許証、健康保険証など)

12.その他  

  • 検査結果の証明は行いません。
  • 検査結果は、個人が特定できない範囲で公表をします。
  • 簡易検査であるため、多少の測定誤差があります。

食品放射能測定システム