ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務課 > 避難情報の種類について(平成28年12月26日名称変更)

避難情報の種類について(平成28年12月26日名称変更)

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年12月27日更新

 2015年に発生した関東・東北豪雨や昨今の大雨・台風などで、日本の各地で水害が深刻な状況になっています。
 そのような際に市などの行政から発信される、避難関係の発令の種類について、ご存知の方も今一度ご確認ください。

 (平成28年・2016年 12月27日 追記・変更)

 内閣府より平成28年(2016年)12月26日、「避難準備情報」の名称を変更することが公表されました。
 「避難準備情報」は「避難準備・高齢者等避難開始」と変更になります。
 これは、高齢者等が避難を開始する段階であるということを明確にするための変更になります。

 なお、避難情報の最高の状態である「避難指示」は「避難指示(緊急)」と変更になります。

 避難情報の種類に関しては、今まで同様に3段階と変更ありません。
 非常時に正しい情報のもと避難を行えるように今回の変更について確認をお願いします。
 また、内閣府のページについてもご一読ください。

 内閣府・防災情報のページ・「避難準備情報」の名称変更について(外部リンク)

 

避難情報の種類
避難準備・高齢者等避難開始避難に時間を要する要支援者(高齢者・障がい者・子供)は、早めに余裕を持って避難を開始してください。
該当にならない方も、いつでも避難できるように持出品等避難の準備を始めてください。
避難勧告避難できる方は避難を始めなければならない段階です。
通常の避難が出来る方は避難所へ非難してください。
避難指示(緊急)

災害による被害の発生する可能性が非常に高まっています。
速やかに指定された避難所へ避難してください。
もし避難が間に合わない場合には、建物の2階以上に避難するなどしてください。

 「避難準備・高齢者等避難開始」に関しましては、「早めに行動を心がけてください」という意味で、大雨警報等があった際には、災害等が起こる前に早めに発令される場合があります
 避難勧告・避難指示に比べて、警戒レベルとしては低くはなりますが、発令があった時点で、「避難に備える」もしくは避難をお願いします。

 これら避難情報が発令されたときには、程なくマスコミにも情報が伝達され、報道がなされるシステムになっています。
 災害が予期される場合は、随時情報の確認を心がけるようお願いします。

 このような情報は、市で発行している「ハザードマップ」にも掲載されています。
 また、当ホームページでも掲載していますので、以下のリンクをぜひ一度ご覧ください。

 鬼怒川・荒川・内川流域広域ハザードマップのページ