ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総務課 > 洪水情報に関する河川情報のタイムラインについて

洪水情報に関する河川情報のタイムラインについて

印刷用ページを表示する 掲載日:2016年10月26日更新

河川の洪水の危険がある際の「タイムライン」について

 最近では短期間に大雨が降り、河川が増水することによって、川の氾濫に関する危険が増加しています。
その際、水位等によって判断され避難勧告等発令が行われます。

 この度、国土交通省関東地方整備局の下館河川事務所では、「鬼怒川・小貝川流域の減災を目指し、避難勧告に着目したタイムラインを各流域に面している自治体が作成する」ということを決定しました。
 この「タイムライン」とは、洪水が想定される際に逃げ遅れゼロを目指し、行動指針を事前に決めておくものです。

 鬼怒川流域に位置するさくら市でも「台風による洪水を想定したタイムライン」を作成しました。
 今後、運用に関しては必要に応じて見直しを行っていく予定です。

鬼怒川に関するタイムライン

台風による洪水を対象とした避難勧告発令等に着目したタイムライン(さくら市・鬼怒川 平成28年5月版) [PDFファイル/140KB]

国土交通省関東地方整備局・下館河川事務所のリンク

下館河川事務所・タイムラインに関する記者発表のページ(外部リンク)

下館河川事務所のページ(外部リンク)