ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 生涯学習課 > オペラ「雨情とひろとお月さま」開催

オペラ「雨情とひろとお月さま」開催

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年1月8日更新

オペラ「雨情とひろとお月さま」~番外編~ 開催

 雨情とひろとお月さま

事業名

オペラ「雨情とひろとお月さま」~番外編~  

日時

平成31年3月3日(日曜日) 開場:午後1時 開演:午後2時

場所

さくら市氏家公民館ホール(さくら市櫻野1322番地8) 

料金

500円(高校生以下無料)全席自由

チケット販売窓口

 ・生涯学習課 さくら市喜連川4420-1 (平日のみ)
 ・さくら市ミュージアム-荒井寛方記念館- さくら市氏家1297(開館日のみ)

 ※当日は午後1時15分から氏家公民館入口にて販売(前売り完売の場合、当日券の販売はありません)

内容

  私たちが子どもの頃から口ずさみ、数多くの人々を魅了する童謡。その今なお愛され歌い継がれる童謡の中において、「雨降りお月さん」「シャボン玉」「七つの子」など珠玉の作品を数多く残したのがさくら市ゆかりの詩人・野口雨情です。
   さくら市では雨情の童謡をもっと広めていきたいと2016年からオペラ講座を開講し、その成果発表として毎年オペラを上演してきました。今回は「雨情とひろとお月さま」のワンシーンに注目した前半と、雨情の詩も織り込んだオペレッタ「ねずみの嫁入り」を上演します。

第1部 野口雨情と仲間たち


・童謡メドレー 詩:野口雨情 構成編曲:岩河智子

 あの町この町、青い眼の人形、他

・雨情の出会った人たち 

 お星さま 詩:小川未明 曲:岩河智子 
 赤とんぼ 詩:三木露風 曲:山田耕筰
 宵待草  詩:竹久夢二 曲:多忠亮
 自由の使命者 詩:野口雨情 曲:岩河智子
 カチューシャの唄 詩:相馬御風 曲:中山晋平

・三大童謡詩人

 砂山 詩:北原白秋 曲:中山晋平
 まりと殿様 詩:西条八十 曲:中山晋平
 シャボン玉(二重唱) 詩:野口雨情 曲:中山晋平
 シャボン玉のキリエ 詩:野口雨情 原曲:中山晋平 曲:岩河智子

第2部 合唱オペラ「ねずみの嫁入り~野口雨情とともに」 

台本:中津邦仁 詩:野口雨情 曲:岩河智子


(あらすじ)
可愛いねずみの娘・チュー子のために、チュー子の両親がこの世で一番のお婿さんを探しに行くお話です。
はじめお日さまがこの世で一番えらいと考え、お日さまのもとへいきますが、お日さまは雲にはかないませんと言いました。そこで、今度は雲さんのところへいきますが…。世界で一番えらいお婿さんはいったい誰なのでしょうか。

キャスト

チュー子:児童
チュー助:鈴木真澄
チュー子の母:荻野桃子
チュー子の父:田中 誠(国立音楽大学講師)
お日さま:竹澤嘉明(福島大学名誉教授)
野口雨情:田中誠
雲さん:近藤佳津江
お日さまの家来・雲・風・壁・コロス:さくら市民合唱団(2018年度雨情オペラ講座生)ピアノ:鈴木千枝子、田中明子