ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

各種選挙の任期等

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月22日更新

これから予定されている選挙

選挙名任期満了日前回選挙期日
さくら市長選挙令和3年4月23日平成29年4月16日
さくら市議会議員選挙令和4年11月30日

平成30年11月18日

栃木県知事選挙令和2年12月8日平成28年11月20日
栃木県議会議員選挙令和5年4月29日平成31年4月7日
衆議院議員総選挙令和3年10月21日平成29年10月22日
参議院議員通常選挙(1)令和4年7月25日平成28年7月10日
参議院議員通常選挙(2)令和7年7月28日令和元年7月21日

(注)選挙は、任期満了前30日以内、解散の場合は解散の日の翌日から40日以内に執行

選挙区域について

1 衆議院議員の選挙

  小選挙区選挙(定数289人)と比例代表選挙(176人)の2つの選挙によって議員を選びます。
  小選挙区選挙は、1選挙区から1人の議員を選びます。
  比例代表選挙は、全国11の選挙区(ブロック)ごとに行われ、各政党等の得票数に応じて議員を選びます。
※小選挙区選挙…さくら市は第2区です。栃木県は、5つの小選挙区に分かれます。

第2区宇都宮市のうち旧上河内町・旧河内町の区域、栃木市のうち旧西方町の区域、
鹿沼市、日光市、さくら市、塩谷町、高根沢町

※比例代表選挙…北関東選挙区(栃木県、茨城県、群馬県、埼玉県で定数19人)です。

2 参議院議員の選挙

  選挙区選挙(定数148人)と比例代表選挙(定数100人)の2つの選挙によって議員を選びます。
   (定数 計248人、3年ごとに半数を改選)
  選挙区選挙は、都道府県単位で栃木県の定数は2人(3年ごとに1人ずつ改選)です。
  比例代表選挙は、全国区で行われ各政党等の得票数に応じて議員の数が決まり、各政党等においては
  名簿登載者のうち得票数の多い順に議員が定まります。(一部に特定枠制度あり)

3 栃木県議会議員の選挙

  さくら市、高根沢町、塩谷町の区域で定数2人です。(栃木県全体16選挙区、定数50人)