ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

介護保険料

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月25日更新

介護保険料

介護保険制度は、介護が必要な状態になっても、自宅や住み慣れた地域で安心して自立した生活を送れるように、必要な介護サービスを提供するしくみです。ひとりひとりの保険料は介護保険の大切な財源です。
制度の詳しい内容につきましては、介護保険のページをご覧ください。

介護保険料の基準額は、次の方法により計算されます。
さくら市の介護保険料の基準額さくら市で必要な介護サービスの総費用×

65歳以上の方の負担分(23%)

÷さくら市に住む65歳以上の方の人数

この基準額をもとに、所得に応じた保険料が決定します。(9段階)

※算定したさくら市の介護保険料の基準額は63,300円です。

【令和元年度介護保険料】
所得段階

保険料の調整率

保険料(年額)

第1段階

○生活保護を受けている方
○世帯全員が市民税非課税で老齢福祉年金を受給している方

○世帯全員が市民税非課税で前年中の公的年金等の収入額と前年の合計所得金額
  の合計が80万円以下の方

 基準額×0.375

 23,800円

第2段階

○世帯全員が市民税非課税で前年中の公的年金等の収入額と前年の合計所得金額
   が80万円を超え120万円以下の方

 基準額×0.625

 39,600円

第3段階

○世帯全員が市民税非課税で前年中の公的年金等の収入額と前年の合計所得金額
   の合計が120万円を超える方

 基準額×0.725

 45,900円

第4段階

○世帯員に市民税課税の方がいるが本人は非課税で、前年中の公的年金等の収入額
   と前年の合計所得金額の合計額が80万円以下の方

 基準額×0.9

 56,900円

第5段階

(基準額)

○世帯員に市民税課税の方がいるが本人は非課税で、前年中の公的年金等の収入額
   と前年の合計所得金額の合計額が80万円を超える方

 基準額×1.0

 63,300円

第6段階

○本人が市民税課税で前年の合計所得金額が120万円未満の方

 基準額×1.20

 75,900円

第7段階○本人が市民税課税で前年の合計所得金額が120万円以上200万円未満の方

 基準額×1.30

 82,200円

第8段階

○本人が市民税課税で前年の合計所得金額が200万円以上300万円未満の方

 基準額×1.50

 94,900円

第9段階○本人が市民税課税で前年の合計所得金額が300万円以上の方

 基準額×1.70

 107,600円

※第1段階から第3段階の方は、消費税率の引き上げに伴う介護保険料の軽減措置適用後の金額で表記しています。

保険料の納め方

40歳から64歳までの方(第2号被保険者)は、加入している医療保険(国民健康保険や職場の健康保険など)の保険料(税)に介護保険料が合算され、一緒に納めています。
65歳以上の方(第1号被保険者)は、別に介護保険料として納めていただくことになります。
受給している年金からの天引きで納めていただく方、ご自身で納付書により納めていただく方と口座振替により納めていただく方がいます。

年金からの天引きによる納付(特別徴収)

年額18万円以上の年金受給者が対象となります。手続きは不要です。
ただし、年度途中で転入された方や65歳になられたばかりの方は、しばらくの間は特別徴収になりません。年金からの天引きが開始されるまでは、市から送付される納付書でお支払いください。
また、住民税の申告等により保険料額が増えた場合、増えた分の金額は年金から天引きできませんので、市から送付される納付書でお支払いください。

納付書や口座振替による納付(普通徴収)

特別徴収の対象とならない方については、納付書や口座振替により納付していただくことになります。
納付書をご利用の場合、市役所、喜連川支所や金融機関などの窓口に加え、コンビニエンスストアでも納付できます。
詳しくは「納期日等一覧表」のページをご覧ください。

納期日一覧表のページへリンク