ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 上場株式等に係る配当所得等および譲渡所得等の課税方式の選択について

上場株式等に係る配当所得等および譲渡所得等の課税方式の選択について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月26日更新
 所得税および復興特別所得税の確定申告において、総合課税または申告分離課税を選択した上場株式等の配当所得等および申告分離課税を選択した源泉徴収ありの特定口座に係る上場株式等の譲渡所得等について、納税通知書が送達される日までに確定申告書とは別に市町村民税道府県民税申告書をご提出いただくことにより、所得税と市県民税(住民税)とで異なる課税方式を選択することができます。(例えば、上場株式等の配当所得を所得税は総合課税、住民税は申告不要制度を選択する。)

申告に必要なもの

・税務署に提出した所得税の確定申告書の写し
・上場株式等の取引明細がわかるもの(特定口座年間取引報告書等)の写し
・個人番号確認書類
・本人確認書類
・印鑑