ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 後期高齢者医療保険料

後期高齢者医療保険料

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年4月5日更新

後期高齢者医療保険料

 後期高齢者医療制度は、高齢の方がお医者さんにかかるときの負担を軽くして、安心して医療を受けられるための制度で、75歳以上の方と、65歳以上の方で一定の障がいがある方を対象としています。
 制度の対象になると、それまで加入していた医療保険(国民健康保険や職場の健康保険、共済組合等)を外れ、後期高齢者医療制度の被保険者となります。
医療制度の詳しい内容につきましては後期高齢者医療のページをご覧ください。


保険料について

後期高齢者医療制度では、被保険者一人ひとりが保険料を納めることになります。
保険料は、均等割額と所得割額の合計額が年額となり、上限は62万円です。
均等割額とは、被保険者全員に、等しく負担していただくものです。(43,200円)
所得割額とは、被保険者の所得に応じて負担していただくものです。(8.54%)

平成31年度

均等割額
43,200円

所得割額
基礎控除(33万円)後の
総所得金額等×8.54%

保険料
上限62万円(年額)


保険料の軽減について

・均等割額の軽減

 世帯(被保険者全員と世帯主)の合計所得が以下の基準を超えない場合は、均等割額の軽減措置があります。なお、65歳以上の公的年金受給者は、年金所得から15万円を控除した額で判定します。

世帯の合計所得額軽減割合
33万円以下8割(被保険者全員が年金収入80万円以下で、その他の各種所得がない場合)
8.5割
33万円+{28万円×被保険者数} 以下5割
33万円+{51万円×被保険者数} 以下2割

・被用者保険の被扶養者だった方

 被用者保険の被扶養者として保険料を負担していなかった方について、後期高齢者医療制度に加入した月から保険料の所得割額が課されず、加入した月から2年間は均等割額が5割軽減されます。なお、所得の低い方に対する軽減にも該当する場合は、軽減割合の高い方が優先されます。


保険料の納付について

 受給している年金からの天引きで納めていただく方、ご自身で納付書により納めていただく方と口座振替により納めていただく方がいます。

・年金からの天引きによる納付(特別徴収)

 年額18万円以上の年金受給者の方が対象となります。手続きは不要です。
 ただし、介護保険料と後期高齢者医療の保険料を合わせた額が、年金額の2分の1を超える場合には、特別徴収されず、納付書等で納付していただくことになります。
 なお、年度途中で転入された方や75歳になられたばかりの方は、しばらくの間は特別徴収になりません。年金からの天引きが開始されるまでは、市から送付される納付書でお支払いください。
 また、住民税の申告等により保険料が増えた場合、増えた分の金額は年金から天引きできませんので、市から送付される納付書でお支払いください。

・納付書や口座振替による納付(普通徴収)

  特別徴収対象とならない方については、納付書や口座振替により納付していただくことになります。
 納付書ご利用の場合、市役所、喜連川支所や金融機関などの窓口に加え、コンビニエンスストアでも納付できます。
 納期限の詳細は「税等納期限一覧表」のページをご覧ください。

「税等納期限一覧表」のページへリンク

・特別徴収で納付されている方についても、申し出により口座振替での納付に変更できます。ただし、振替不能等により保険料に未納が生じた場合は、再度、年金天引きに切り替わります。 また、口座振替に変更した場合、その社会保険料控除は口座振替により納付した人(口座名義人)に適用されます。