ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 国民健康保険証や認定証を紛失したとき

国民健康保険証や認定証を紛失したとき

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年11月18日更新

 国民健康保険証(兼高齢受給者証)や限度額認定証等を紛失した場合や、破損、汚損、印字の状態により使用に支障がある場合は、再交付の申請をしてください。

※後日、紛失した保険証や認定証が見つかった場合でも、再交付された(交付日の新しい)証を使用してください。

届出ができる方

  • 再交付を希望する方
  • 再交付を希望する方と同じ世帯の家族

※別世帯の方が申請する場合は委任状が必要です。後見人等の場合は、登記事項証明書を用意ください。

手続きに必要なもの

国民健康保険証や認定証をなくしたとき

  • 窓口に来る方の本人確認書類(詳しくは「本人確認書類について」を参照)
  • マイナンバーがわかるもの(わからない場合でも申請可)
  • 委任状 [PDFファイル/261KB](別世帯の方が申請する場合のみ)

国民健康保険証や認定証を破損した、または汚したとき

  • 破損した、または汚れてしまった国民健康保険証や認定証(再交付する方全員分)
  • 窓口に来る方の本人確認書類(詳しくは「本人確認書類について」を参照)
  • マイナンバーがわかるもの(わからない場合でも申請可)
  • 委任状 [PDFファイル/261KB](別世帯の方が申請する場合のみ)

本人確認書類について

1点のみで十分なもの

 マイナンバーカード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保健福祉手帳、療育手帳、在留カード、その他顔写真付きの官公署の発行する証明書

2点以上必要なもの

 健康保険証、介護保険証、年金手帳、金融機関の通帳やキャッシュカード、クレジットカード、病院の診察券、公共料金の領収書、その他これに類するもの

交付方法

 原則、窓口で即日交付となります。