ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民福祉課 > 印鑑登録について

印鑑登録について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年10月1日更新

 印鑑登録とは

印鑑登録は、個人の印鑑を公に立証するものです。
印鑑登録できる方は、さくら市民(市の住民基本台帳に登録されている方)で、15歳以上で成年被後見人登録されていない方となります。1人1個に限り印鑑を登録することができます。 

印鑑登録するには

本人申請の場合

本人確認の区分お持ちいただくものその他
官公署発行の顔写真つきの証明書を持っている方・登録する印鑑
・自動車運転免許証、パスポート、住基カード、在留カード、身体障害者手帳、学生証など
即日登録します
さくら市に印鑑登録をしている方が保証人になる方・登録する印鑑
・保証人欄に必要事項を記入し、押印した申請書
即日登録します
上記に該当しない方・登録する印鑑
※登録申請後、「照会書」を郵送します。回答書欄に自署して、登録する印鑑とともにお持ちください
1週間~1ヶ月
※回答書(照会書)をお持ちいただいたら登録となります

代理人申請の場合

お持ちいただくものその他
・登録する印鑑
・代理人選任届(登録したい方本人が自署したものに限る)
・代理人の認印
・代理人の本人確認ができる証明書(官公署発行の顔写真つきのもの)
代理人による登録申請後、登録者本人のご自宅あてに「照会書」を郵送します
「照会書」郵送後
・「回答書」に自署し、1ヶ月以内に代理人(登録時と同一人に限る)が窓口までお持ちください。
※代理人は、代理人の本人確認ができる証明書(官公署発行の顔写真つきのもの)をお持ちください。
1週間~1ヶ月
※回答書(照会書)をお持ちいただいたら登録となります

 印鑑登録証明書の交付申請

  交付申請する場合は、印鑑登録証と登録者の住所、氏名、生年月日が必要になります。
 (本人による交付申請
 本人が来庁しても印鑑登録証がないと、運転免許証や登録されている印鑑をお持ちになっても証明書の交付はできません。忘れず持参してください。
 (代理人による交付申請
 代理の方に頼む場合は、印鑑登録証を預けてください。委任状や実印は必要ありませんが、代理の方の認印が必要となります。申請書に登録者の住所、氏名、生年月日の記入が必要となりますので忘れずにお伝えください。

登録した印鑑を紛失した場合や変更したい場合、印鑑登録証を紛失した場合

 印鑑に関する申請書により印鑑登録廃止申請をしていただきます。
 改めて印鑑登録証明書が必要な場合や登録した印鑑を変更したい場合は、廃止申請の後、再度印鑑登録の手続が必要になります。

登録できない印鑑

・住民票に記載されている「氏名」、「氏」、「名」の組合せで表されていないもの
・すでに同一世帯の他の方が登録印鑑として使用しているもの、または別の印鑑であっても違いが判別できないもの
・職業、資格その他氏名以外の事項を表しているもの
・ゴム印などの変形しやすいもの(例 シャチハタ印など)
・印影の大きさが8mm以内の小さい印鑑や25mmを超える大きな印鑑
・印影が不鮮明なもの、文字の判読ができないもの
・印鑑の外枠が欠けていたり、印鑑全体がすり減っているもの
以上のような印鑑では印鑑登録はできませんので、確認のうえ申請してください。

本人であることが確認できる証明書

 官公署が発行した免許証,許可証,身分証明書等で本人の顔写真に浮出プレス,せん孔、また公印により契印され有効期間内にあるもの。
例)自動車運転免許証、パスポート、写真つき住基カード、外国人登録証明書、身体障害者手帳など官公署が発行する顔写真つきの証明書