ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民福祉課 > 印鑑登録証明書等自動交付機について

印鑑登録証明書等自動交付機について

印刷用ページを表示する 掲載日:2013年2月15日更新

 自動交付機とは

  金融機関のATM(預金自動預け払い機)と同様に、「印鑑登録証」を入れて暗証番号(4桁)を入力すれば、住民票の写しと印鑑登録証明書を受け取ることができる機械です。

 「証明書が必要だけど、なかなか窓口に行けない」という方は、自動交付機をぜひご活用ください。

 住民票の写しの請求書を書く手間が省けることや、平日はもちろん土曜日・日曜日・祝休日の市役所閉庁日にもご利用いただけますのでとても便利です。

自動交付機を利用するには

 新規に印鑑登録をされる方には下記の「印鑑登録証」を交付しますので、印鑑登録申請時に暗証番号の設定を申し出ていただければ自動交付機をご利用いただけます。

 新規印鑑登録については「印鑑登録」のページをご覧ください。

 「印鑑登録」のページへリンク

 ただし、暗証番号の設定に関しては登録者ご本人が申請される場合のみ申請時の設定が可能となります。

 代理人申請の場合は、印鑑登録証受領後に必ず登録者ご本人が印鑑登録証、印鑑(認印可)、顔写真付の証明書(運転免許等)をお持ちになり、暗証番号の設定を申請してください。

印鑑登録証(桜並木)

 下図の印鑑登録証をお持ちの方で、自動交付機の利用をご希望される場合は、市民福祉課または喜連川支所市民生活課で上記カードに引替(無料)します。

(ご注意)
 必ず登録者ご本人が印鑑登録証、印鑑(認印可)、顔写真付の証明書(運転免許等)をお持ちください。ご本人でない場合、カードの引替はできますが、暗証番号の設定はできませんのでご注意願います。

印鑑登録証(市章のみ:暗証番号なし) 印鑑登録証(紙:氏家町)

印鑑登録証(カード:喜連川町) 印鑑登録証(紙:喜連川町)

取得できる証明書と手数料について

取得できる証明書

  • 住民票の写し:同じ世帯の全員または一部の写し(ただし、除かれた住民票の写しは取得できません。)
  • 印鑑登録証明書:登録者本人のもの

手数料

各1通 200円

1万円、5千円、2千円札および5円、1円硬貨は使用できません。両替機がないため事前に千円札等をご用意ください。

自動交付機の設置場所と利用可能時間について

 自動交付機は市役所本庁舎1階の正面玄関内に設置されています。

jkl

利用可能時間 

ご利用いただける時間帯は下記のとおりです。

  • 月曜日:午前8時30分から午後7時まで
  • 火曜日~金曜日:午前8時30分から午後5時15分まで
  • 土日祝休日:午前8時30分から午後5時まで

ご注意

  • 年末年始(12月29日から1月3日まで)は休止します。
  • 定期点検等により自動交付機が休止する場合は、市ホームページ等でお知らせします。

注意事項

暗証番号はお間違いなく!

暗証番号を1日に3回間違えると、その日はご利用できなくなります。その場合は、窓口で「自動交付機暗証番号照会申請書」をしていただき暗証番号をご確認ください。ただし、この申請は登録者ご本人のみに限らせていただきます。

取扱は丁寧に!

暗証番号を設定した印鑑登録証は傷つけたり、折り曲げないでください。また、高温になる所に放置したり、磁気に近づけたりしないでください。カードの磁気情報の破損・消失、また、わん曲等により自動交付機の利用ができなくなりますのでカードの取り扱いには十分ご注意ください。