ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 特定健康診査受診券について

特定健康診査受診券について

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日更新

特定健康診査受診のご案内

   平成20年4月より「特定健診・特定保健指導」が始まりました。

特定健康診査とは

  生活習慣病とは、肥満症や高血圧、高脂血症、糖尿病などですが、これらは独立した別の病気ではなく、内臓に脂肪が蓄積した「内臓脂肪型肥満」が共通の原因であることがわかってきました。

  お腹周りに脂肪のつく内臓脂肪型肥満と、高血圧、高血糖、脂質異常などにより、生活習慣病にかかりやすい状態をメタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)といい、複数の原因が多く重なるほど、命にかかわる心臓病や脳卒中を発症する危険が高まります。

  「特定健診」とは、内臓脂肪型肥満を見つけるための腹囲測定など、メタボリックシンドロームの該当者や予備軍を見つけ、早期に予防をするための健診です。

  ご自身の活習慣病を見直す機会ですので、積極的に受診してください。

受診券を交付します

  さくら市の「特定健診」は、氏家保健センター・喜連川保健センターでの総合健診として実施しています。

  平成30年4月1日時点で39歳から74歳の国民健康保険被保険者あてに「特定健康診査受診券」を6月上旬にお送りします。受診の際に提出していただきますので、受診日まで大切に保管してください。

  平成30年4月2日以降に国民健康保険に加入された場合はお問合せください。 

重複受診にご注意ください

  人間ドック・脳ドック等には基本健診が含まれているため、保健センターでの基本健診と重複して受診することはできませんのでご注意ください。

  また、国民健康保険以外の保険に加入している方は、加入している医療保険者へお問合せください。

  その他のご不明な点は、お問合せください。