ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 国民年金保険料の納付に困ったら

国民年金保険料の納付に困ったら

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月1日更新

国民年金保険料の納付に困ったら

免除制度(申請免除)

 経済的に保険料を納めるのが困難な人のために、申請をして承認されると保険料が免除されるものです。
 審査は、申請者本人・申請者の配偶者・世帯主の前年の所得に応じて、全額免除、4分の3免除、半額免除、4分の1免除の4段階に分かれ判定されます。

 年金免除一覧表

※承認を受けても、全額免除以外の人は減額された保険料の納付が必要です。納め忘れると未納扱いになってしまいますので、ご注意ください。

納付猶予制度

 20歳以上50歳未満の方は、申請者本人と申請者の配偶者の所得が一定額以下であれば、保険料の納付を後払いにできます。

申請期限 

申請時点から2年1か月までの期間さかのぼって免除等を申請することができます。申請月が変わるとさかのぼれる期間も変わります。

手続きに必要なもの

  • 基礎年金番号の分かるもの(年金手帳など)
  • 失業により申請される方は、雇用保険被保険者離職票・雇用保険受給資格者証・雇用保険被保険者資格喪失確認通知書のいずれか

学生納付特例制度

 本人の所得が一定額以下の20歳以上の学生は、申請をして承認されると在学期間中の保険料を後払いにできます。

手続きに必要なもの

  • 基礎年金番号の分かるもの(年金手帳など)
  • 在学期間が記載されている学生証の写し、または在学証明書

申請期限 

申請時点から2年1か月までの期間さかのぼって免除等を申請することができます。申請月が変わるとさかのぼれる期間も変わります。

免除制度(法定免除)

 生活保護を受けている人や障害年金を受給している人のために、保険料が免除されるものです。

免除の対象となる人

  • 障害年金(1・2級)の受給者
  • 生活保護を受けている方

手続きに必要なもの

  • 基礎年金番号が分かるもの(年金手帳など)
  • 障害年金を受給している方は年金証書
  • さくら市以外で生活保護を受けている方は生活保護受給者証等

申請先

市民課または喜連川支所市民生活室

市民課

TEL:028-681-1116

喜連川支所市民生活室

TEL:028-686-6611

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

日本年金機構ホームページ(外部リンク)