ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 産前産後期間の国民年金保険料が免除されます

産前産後期間の国民年金保険料が免除されます

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年10月1日更新

産前産後期間の国民年金保険料が免除されます

 国民年金第1号被保険者で平成31年2月1日以降に出産された方は、産前産後の国民年金保険料が免除されます。産前産後期間の免除制度は、「保険料が免除された期間」も保険料を納付したものとして老齢基礎年金の受給額に反映されます。出産予定日の6か月前から届出ができます。届出をしないと免除になりませんので、ご注意ください。

※平成31年2月1日以降の出産であれば、出産後の届出はいつでも可能です。

※産前産後期間の保険料を前納している場合、全額還付(返金)されます。

※産前産後期間は付加保険料は納付できます。

産前産後国民年金免除のリーフレット [PDFファイル/1.47MB]

免除対象期間

  • 出産予定日または、出産日が属する月の前月から4か月間
  • 多胎妊娠(2人以上の赤ちゃんを同時に妊娠)の場合は、出産予定日または出産日が属する月の3か月前から最大6か月

※出産とは、妊娠85日(4か月)以上の出産をいいます。

手続きに必要なもの

  • 基礎年金番号が分かるもの(年金手帳など)
  • 母子健康手帳

申請先

市民課または喜連川支所市民生活室

市民課

TEL:028-681-1116

喜連川支所市民生活室

TEL:028-686-6611

詳しくは下記ホームページをご覧ください。

日本年金機構ホームページ(外部リンク)