ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保険高齢課 > 平成26年4月から70~74歳の方の医療費の自己負担割合が変わりました

平成26年4月から70~74歳の方の医療費の自己負担割合が変わりました

印刷用ページを表示する 掲載日:2018年4月2日更新

見直しの趣旨

70歳から74歳の方の医療機関での窓口負担(自己負担)割合は、法律上2割となっていますが、これまで特例措置により1割で運用されていました。平成26年度から、国の方針により、この特例措置が見直されることとなりました。

見直しにあたっては、高齢者の生活に大きな影響が生じることのないよう、平成26年4月2日以降70歳の誕生日を迎える方から段階的に実施されることとなりました。

見直し内容

平成26年4月2日以降に70歳の誕生日を迎える方(誕生日が昭和19年4月2日以降の方)

  • 70歳の誕生月の翌月(ただし、1日が誕生日の方はその月)の診療から、窓口負担割合が2割になります。
    例えば、平成26年4月2日~5月1日に70歳の誕生日を迎える方は、5月の診療から2割負担になります。
  • 一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。

平成26年4月1日までに70歳の誕生日を迎えた方(誕生日が昭和19年4月1日までの方)

  • 平成26年4月以降も医療費の窓口負担割合は1割のまま変わりません。
  • 平成26年3月2日~4月1日に70歳の誕生日を迎える方は、これまでの3割負担から1割負担になります。
  • 一定の所得がある方は、これまでどおり3割負担です。