ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 高齢課 > ちょっといいかい(医~介)

ちょっといいかい(医~介)

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年8月1日更新

さくら市在宅医療・介護連携推進協議会設立~医療と介護の連携~

  さくら市在宅医療・介護連携推進協議会では、重度な要介護状態となっても住み慣れた地域で自分らしい暮らしを人生の最後まで続けることができる「地域包括ケアシステム」の構築に向け、在宅医療と介護の連携強化や、制度の普及啓発について検討しています。このページでは、制度の普及啓発の一環として作成した「ちょっといいかい(医~介)」を中心に掲載していきます。

 さくら市在宅医療・介護連携推進協議会の設立

 さくら市在宅医療・介護連携推進協議会設立 [PDFファイル/529KB]

 ※広報さくら平成30年10月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.1  ~介護保険の申請方法~

  「介護保険を利用したいけど申請方法がわからない」との質問が多くあります。そこで今回は介護保険の申請方法についてご紹介します。
 また、さくら市在宅医療・介護連携推進協議会の委員でもある地域包括支援センターエリム南部主任介護支援専門員の「つぶやき」も掲載します。

 ちょっといいかい1

 介護保険の申請方法 [PDFファイル/639KB]

 ※広報さくら平成30年11月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.2  ~通所介護(デイサービス)~

   介護保険のサービスには、自宅に訪問してもらう訪問サービスと施設に通って受ける通所サービスなどがあります。サービスは組み合わせて利用することができます。
今回は、通所サービスのなかの通所介護(デイサービス)についてご紹介します。

 ちょっといいかい2

 通所介護(デイサービス) [PDFファイル/651KB]

 ※広報さくら平成30年12月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.3  ~デイケア(通所リハビリテーション)~

  「デイサービスは知っているけど、デイケアってなに?」今回はそんな疑問にお答えするため、デイケア(通所リハビリテーション)についてご紹介します。

 ちょっといい3

 デイケア(通所リハビリテーション) [PDFファイル/654KB]

 ※広報さくら平成31年1月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.4 ~訪問介護サービス~

  「ヘルパーってよく聞くけど、何をしてくれるの。」
 今回はそんな疑問にお答えするため、訪問介護サービスについてご紹介します。

 ちょっといい4

 訪問介護サービス [PDFファイル/717KB]

 ※広報さくら平成31年2月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.5  ~在宅医療~

 在宅医療には、訪問診療と往診がありますが、今回はこの2つの違いや訪問診療の内容についてご紹介します。

 ちょっといい5

 在宅医療 [PDFファイル/481KB]

 ※広報さくら平成31年3月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.6  ~訪問リハ~

  訪問リハビリテーション(略して:訪問リハ)はリハビリ専門職の方が自宅に来て、自立支援を手伝ってくれます。
  今回、利用者の方と専門職の方にお話を聞いてきました。
  「リハビリをした次の日は調子が良くなる!」なんて声を聞くことができました。

  ちょっといい6

  訪問リハビリテーション(通称:訪問リハ) [PDFファイル/664KB]

  ※広報さくら平成31年4月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.7 ~いまからできる介護予防~

  介護の原因の大半は転倒による骨折です。
  転倒は筋力低下の影響を受け、筋肉の量は何もしなければ年間500gずつ減少します。

  今回、いまからできる介護予防として「転倒予防のための体操」をテーマに出前講座を実施しました。

  参加者の方からは「筋力の大切さが大変参考になった!」「寝たきり予防のためにも、定期的な運動をしていきたい!」そんな感想がありました。

  ちょっといい7

  出前講座レポート(いまからできる介護予防) [PDFファイル/658KB]

  ※広報さくら令和元年5月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.8 ~出前講座レポート(マイエンディングノート)~

  人生100年時代。   
  日本全国には、100歳以上の方が、男性約8,400人、女性約6万1,500人います。
  「エンディングノート」を自分らしくいきるためのきっかけづくりとして活用してみませんか。                                                        

  今回、「エンディングノート」の活用について、終活カウンセラー渡邊純子さんの出前講座を開催したので、その内容を一部紹介します。

  参加者の方からは「これからの生き方を考えるために参加しました。」「終活が身近に感じるようになり参加しましたが、健康でいることの大切さを感じました。」「今日の講座を家族と話すきっかけにしたい。」そんな声が聞こえてきました。

  エンディングノート

  出前講座(マイエンディングノート) [PDFファイル/441KB]

  ※~ちょっといいお知らせ~
   ・2019年度マイエンディングノートは、6月10日から高齢課または喜連川市民生活室で配布します。

  ※広報さくら令和元年6月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.9 ~訪問看護~

  退院後の自宅の生活に不安がありませんか?
  専門職の方が自宅に訪問して、安心感のある生活を営めるよう処置や療養中の世話等をおこなってくれる、そんな訪問看護のサービスを紹介します。
  利用者の方から「安心するね。何でも相談できるよ」との声を聞くことができました。

 訪問看護 

  訪問看護 [PDFファイル/547KB]

  ※広報さくら令和元年7月1日号に掲載

ちょっといいかい(医~介)Vol.10 ~訪問薬剤~   NEW!

毎日服用する薬や症状に応じて調整する薬があります。                                                   「どれを飲んだら良いかわからない」「薬が余ってしまう」など、その管理に困ったことはないでしょうか。

医療保険や介護保険には薬剤師が薬を持って自宅を訪問する制度があります。薬を届けるだけではなく、薬を正しく服用・管理できるようにサポートしていくのが訪問薬剤です。

今回、薬剤師と利用されてる方の声を聞いてきましたので紹介します。

 訪問薬剤 

  訪問薬剤 [PDFファイル/530KB]

  ※広報さくら令和元年8月1日号に掲載