ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 風しんの追加的対策について

風しんの追加的対策について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年5月21日更新

2019~2021年度の3年間、風しん抗体検査、予防接種を無料で実施します!!

 厚生労働省の調査によると、風しん抗体保有率は昭和37年4月2日から昭和54年4月1日の間に生まれた男性が約80%で、他の年齢の男性やすべての年代の女性と比較すると約10%以上低いことが明らかになっています。
 そのため、この年代の男性を対象に風しんの追加的対策を実施することになりました。                      

どうして風しんの追加的対策が必要なの?

  • 2018年7月以降特に関東地方において風しんの患者数が増加しており、患者の中心は30代から50代の男性である。
  • 2020年には東京オリンピック・パラリンピック競技大会が開催され、早急に今後の風しんの発生およびまん延を予防するための対策が必要である。
  • 妊娠中の女性が風しんに感染すると、子どもに眼や耳等の障害を含む先天性風しん症候群が生じる可能性があり、一度風しんがまん延すると、その影響を受けて先天性風しん症候群も増加する傾向が見られる。 

自分は対象者なんだけど、どうしたらいいの?

まずは風しんの抗体検査を受けていただきます。 

1年目(2019年度)に対象になる方は、昭和47年4月2日から昭和54年4月1日生まれの男性です。5月10日に「風しん抗体検査及び予防接種クーポン券」と「風しん抗体検査受診券」を郵送しましたので、医療機関か総合健診と一緒に受けてください。

■十分な抗体価がある→終了

■十分な抗体価がない⇒風しん第5期の定期予防接種を受けましょう。(無料)

【さくら市風しん抗体検査実施医療機関】
医療機関名電話番号医療機関名電話番号
氏家病院

682-2911

高瀬小児科医院

682-5511
岡医院681-1251仲嶋医院681-7755
きぬの里クリニック

612-8710

にし内科ハートクリニック682-8920
黒須病院

682-8811

根本医院682-2800
小林医院686-2061花塚クリニック686-7667
さくら産院

682-3000

半田クリニック682-3270
佐藤クリニック681-7666檜山医院682-2730
佐野医院686-2002森島医院682-2116