ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > 産後ケア利用費用の助成について

産後ケア利用費用の助成について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年5月28日更新

産後ケア事業 

   さくら市では、心身の不調や育児不安があるなどの理由で支援が必要なお母さんと赤ちゃんを対象に産後ケア利用費用の一部を助成します。

 

対象者

   さくら市に住民登録がある方で、心身の不調や育児不安を抱える方など産後6か月未満の母子

助成内容

   授乳相談、育児のアドバイスを受けながら産後の心と体をゆっくり休めます。デイサービス(日帰り)型と宿泊型、利用者の居宅で行うアウトリーチ(訪問)型があります。

自己負担額
世帯の課税状況日帰り型・宿泊訪問型
一般世帯利用料の1割5分0円
市民税非課税世帯利用料の1割0円
生活保護世帯0円0円

利用できる産後ケア施設

さくら産後院(さくら市卯の里1丁目11-1)

きうち産婦人科(矢板市冨田548-1)

那須赤十字病院(大田原市中田原2041-4)

獨協医科大学病院(下都賀郡壬生町大字北小林880)

国際医療福祉大学病院(那須塩原市井口537-3)

芳賀赤十字病院(真岡市中郷271)

助成の受け方

  事前に申請が必要です。育児や産後の体調等に不安がある方は、早めにご相談ください。産後の支援者がいないなど妊娠中から不安がある方は、妊娠中の相談も可能です。

  詳細はお問合せください。

令和3年度産後ケア事業のご案内 [PDFファイル/333KB]