ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 健康増進課 > パブリックコメントの結果(食育推進計画)

パブリックコメントの結果(食育推進計画)

印刷用ページを表示する 掲載日:2012年3月27日更新

さくら市食育推進計画に関するパブリックコメントの結果

意見募集期間

平成24年2月17日~平成24年3月7日

 提出の状況

提出者:2名 意見総数:2件

提出の方法

 eメール:2名

資料の閲覧場所

  • 氏家保健センター
  • 喜連川保健センター
  • 喜連川支所市民室
  • 氏家公民館
  • 喜連川公民館
  • 氏家図書館
  • 喜連川図書館
  • 市ホームページ(下記)

公表資料等

 さくら市食育推進計画 [PDFファイル/3.01MB]

 提出された意見等の概要

 平成24年2月17日から平成24年3月7日までの間、「さくら市食育推進計画」に対する市民の皆さんからの意見を募集しました。その結果、2名の方から貴重なご意見をいただきましたので、次のとおり公表します。なお、提出された意見等の内容によりに整理し、概要として掲載しています。

食の安全を確保する取り組み
番号ご意見市の考え方
1

 『5.食の安全を守る取り組み(1)食の安全を確保する取り組み (1)安全・安心な食品の安全性に関する情報 』中では、放射性物質対策が抽象的で、具体的な方法が明記されていない。
 国・県の方針に従うだけではなく、独自の対策(市民向け食品検査場所の設置・学校給食中の放射線量の測定等)を考えていただきたい。

 現在、市では、総務課内に「放射能対策担当」を設置し、市内の放射線問題に関する業務を行っています。
 まず、食品に関する放射性物質対策としては、市独自で食品放射能測定システムを購入し、広く市民の方に利用いただけるよう、整備を進めています。(平成24年4月から予定)
 また、学校給食対策としては、平成24年4月から県教育事務所が実施する摂食前検査に加え、市独自で食品放射能測定システムを整備し、給食の事後検査を行います。(平成24年4月から予定)
 加えて、市内産の農産物については、県農業振興事務所が実施するサンプル調査や市独自の食品放射能測定システムによる測定で、安全性を確認していきます。
 以上の計測結果については、市のホームページ等を通じて広く一般に広報し、市内の農産物等の安全性を周知していきます。
 また、これら以外の放射性物質対策についても、食育推進計画に」規定される「食品の安全性の向上」等を達成するため、その時々の状況・必要性に応じて、実施していく考えです。

 5.食の安全を守る取り組み(1)食の安全を確保する取り組み
 今期の主な取り組み内容に検査体制を盛り込みます。

2 さくら市内の飲食店に関する取り組みで地産・地消、安全な食材の提供を推進していくことは素晴らしいが、せっかく安全な食材を使った料理を食べても空気が汚染されていたのでは、何にもなりません。店内の環境、特に健康に悪影響のある受動喫煙防止対策について、何の提案もないのは問題だと思います。 受動喫煙につきましては、第4章 食と健康 (5)受動喫煙防止による環境づくり (1)喫煙防止の取り組みの項目を追加します。
 また、たばこ対策については、平成24年度さくら21プラン中間評価の中で対応していきます。

担当課

 健康増進課 Tel:028-682-2589