ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > こども政策課 > あおぞら保育園の民営化について

あおぞら保育園の民営化について

印刷用ページを表示する 掲載日:2021年9月6日更新

1 あおぞら保育園の民営化

 さくら市では、高まる保育ニーズや年度途中入園への対応、多様な保育サービスを実施するためにさらなる保育環境の充実が求められており、公立保育園の民営化を検討してきました。
 今般、「第2次さくら市保育施設整備基本計画」を改定し、あおぞら保育園を民営化することを決定しました。あおぞら保育園は令和6年4月から保育園の実施主体が変更となり、公立から私立に移行する予定ですので、入園にあたってはあらかじめご了承のうえお申し込みください。

 あおぞら保育園の概要

  1. 位置      さくら市草川42番地
  2. 設置年月日  平成9年4月
  3. 利用定員   256名

2 民営化の進め方

 民営化については、子どもの最善の利益が図られるよう、次の点を踏まえて進めていきます。

  1. 保育の質を確保し、多様な保育サービス(病後後児保育や早朝預かりなど)の提供が図られるよう、県内で認可保育所運営実績を有する適切な保育事業者を、市の選定委員会において選定します。
  2. 子どもへの影響に配慮し、十分な引継ぎを行うとともに、民営化後も市として定期的な訪問や保育に関する相談、指導を行います。
  3. 実施にあたっては、保護者の意見・要望を聴きながら進めます。

3 民営化の基本的なスケジュール

令和3年度令和4年度令和5年度令和6年度

・計画改定
・保護者説明
・公募条件の調整 

・公募条件の確定
・事業者公募・選定
・保護者説明 
・3者協議 
(保護者、運営法人、市)
・引継ぎ、合同保育
・民営化(4月)
・訪問、相談、指導

 参考資料

 第2次さくら市保育施設整備基本計画 [PDFファイル/1.2MB]