ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > こども政策課 > 幼児教育・保育の無償化について

幼児教育・保育の無償化について

印刷用ページを表示する 掲載日:2019年6月28日更新

幼児教育・保育の無償化について

 2019年10月から幼児教育・保育の無償化が始まります。

 さくら市での手続き等の詳細につきましては、順次ホームページ等でお知らせします。

対象者

   ・幼稚園、保育所、認定こども園などを利用するすべての3~5歳の子ども
 
   ・住民税非課税世帯の0~2歳の子ども

   ※世帯状況や利用施設等で無償化の範囲は変わります。詳しくは内閣府のホームページ(外部リンク)をご覧ください。

無償化の対象となるもの

 幼稚園・認定こども園・保育所・地域型保育所など

   ・3~5歳クラスの子どもの利用料。ただし、新制度未移行幼稚園は月額25,700円までが対象。

   ・「保育の必要性の認定」を受けている非課税世帯の0~2歳クラスの子どもの利用料。

    ※幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)に通う3歳の誕生日を迎えた子どもの利用料も無償化の対象です。

 幼稚園の預かり保育など

   ・「保育の必要性の認定」を受けている3~5歳クラスの子どもの利用料。ただし、利用日数に応じて最大月額

    11,300円までが対象。

 認可外保育施設・一時預かりなど

   ・「保育の必要性の認定」を受けている3~5歳クラスの子どもの利用料。ただし、月額37,000円までが対象。

   ・「保育の必要性の認定」を受けている非課税世帯の0~2歳クラスの子どもの利用料。ただし、月額42,000円までが対象。


 ※上記の要件に該当しない場合もありますのでご注意ください。詳しくは内閣府のホームページ等をご覧ください。