このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
さくら市トップ産業・事業者農林漁業農業> 被覆肥料のプラスチック被膜殻の流出防止に注意しましょう

被覆肥料のプラスチック被膜殻の流出防止に注意しましょう

掲載日 令和4年4月1日 更新日 令和4年6月2日

  被覆肥料は、追肥の手間や散布する肥料の量を減らすことができるなどのメリットがあります。

  その一方、粒の表面をプラスチック等で被覆しているため、水田では肥料成分が溶け出した後の被膜殻が水面に浮かんで、河川等に流出する可能性があります。

  肥料のプラスチック殻は、代かき時に水面へ浮遊しやすくなるため、次の流出防止ポイントを守り、ほ場から流出させないように取り組みましょう。

流出防止のポイント

畦畔管理

  • 丁寧な畦塗りで漏水を防ぎましょう。
  • 排水口の止水板は畦より高くして、水尻からの流出を防ぎましょう。

代かき、田植え時の水管理

  • 入水時までに田面の高低差をなくしましょう。
  • 代かきは浅水状態で行いましょう。
  • 強制排水ではなく、自然落水で水位調整しましょう。

 


このページについてのアンケートにご協力ください
このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページにはどのようにしてたどり着きましたか?

このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
産業経済部 農政課 農政係
住所:
〒329-1392 栃木県さくら市氏家2771番地
電話:
028-681-1117
FAX:
028-681-1483
(メールフォームが開きます)

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています