ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 都市整備課 > 地区計画の区域内における行為の届出について

地区計画の区域内における行為の届出について

印刷用ページを表示する 掲載日:2014年5月1日更新

1.地区計画について

 地区計画とは、まとまりのある「地区」を対象として、住民の意向を反映しながら、地区の特性に応じたきめ細かい計画を定め、建築物等を規制、誘導し、住みよい特色あるまちづくりを総合的に定める制度です。

2.さくら市における地区計画について

 現在、さくら市においては、以下に示す地区において地区計画を活用したまちづくりが行われています。なお、地区計画の内容及び区域については、計画書、計画図で確認ができます。
さくら都市計画 地区計画一覧

名称

位置

面積(ヘクタール)

決定年月日

当初決定

最終変更

東原地区

地区計画

さくら市氏家、櫻野

の各一部

約6.8ヘクタール

平成12年3月31日

平成24年4月24日

フィオーレ喜連川地区

地区計画

さくら市フィオーレ喜連川一丁目、フィオーレ喜連川三丁目及びフィオーレ喜連川四丁目の全部、並びにフィオーレ喜連川二丁目、フィオーレ喜連川五丁目、喜連川及び金枝の各一部

約76.3ヘクタール

平成26年4月1日

(1)東原地区地区計画

(2)フィオーレ喜連川地区地区計画

3.地区計画の区域内における行為の届出について

 地区計画の区域内において、土地の区画形質の変更、建築物の建築、工作物の建設等の行為を行おうとする場合は、行為に着手する日の30日前までに市長への届出が必要になります。
 届出の方法、様式、添付書類等については、下記の「さくら市地区計画の届出等に関する事務取扱要領」を確認して下さい。
地区計画の区域内における行為の届出フロー

4.建築協定について(参考)

 地区計画に類似の制度として、建築協定があります。建築協定は、地区におけるまちづくりのルールを定めるという点では地区計画と共通ですが、建築物の建築等に際して市への届出が必要となる地区計画と異なり、土地の所有者等で組織される建築協定運営委員会で自主的に審査、規制するところに特色があります。
 現在、さくら市においては、以下に示す地区において建築協定を活用したまちづくりが行われています。
 なお、建築協定に関する問合せは、各建築協定運営委員会までお願いします。
さくら市 建築協定一覧
名称位置

面積(ヘクタール)

認可公告日

びゅうフォレスト喜連川

建築協定

さくら市桜ヶ丘一丁目、二丁目及び

三丁目の各一部

約20.7ヘクタール

平成11年9月17日

栃木県告示第525号

びゅうフォレスト喜連川建築協定

【問合先】
びゅうフォレスト喜連川建築協定運営委員会
住所:さくら市桜ヶ丘1丁目2番1号
電話:028-686-7211