このページの本文へ移動

きつねの嫁入り

掲載日 令和3年12月20日 更新日 令和4年4月27日

さくら市の旧町である「喜連川町」。

「喜連川」という名前の起こりは、むかしから町内を流れる荒川の近くにキツネが多く住んでいて、そこから「狐川」と呼んだことが始まりだといわれていました。

そんな荒川に面した山すそは、どうゆう訳か、春と秋の陽気の良い夕暮れの頃に、松田から鷲宿山谷にかけて赤い火が点々と灯ります。

ついては消え、消えてはつく様子は、とてもきれいな幻の世界だったそうです。

この不思議な光景を、人々は「キツネの嫁入り」だと言っていました。

そんな言い伝えから、市民が中心となって「きつねの嫁入り」が開催されました。

狐の嫁入り写真1

狐の嫁入り写真2

狐の嫁入り写真3

狐の嫁入り写真4

狐の嫁入り写真5

狐の嫁入り写真6

 

関連記事

関連記事写真1 さくら市移住支援金について

関連記事写真2地域おこし協力隊を募集します

関連記事写真3さくら市ふるさと納税のご紹介

関連記事写真4「お試し移住」好評実施中!​​​​​

関連記事写真5さくら市の風景 ~桜~

 

笹屋別邸


このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
総合政策部 総合政策課 政策推進室進化プラン係
住所:
〒329-1392 栃木県さくら市氏家2771番地
電話:
028-681-1113
FAX:
028-682-0360
(メールフォームが開きます)
このページについてのアンケートにご協力ください
このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページにはどのようにしてたどり着きましたか?