このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
さくら市トップこども・教育妊娠・出産産後> 産後ケア利用料の助成

産後ケア利用料の助成

掲載日 令和4年4月1日 更新日 令和4年11月17日

産後ケア事業

さくら市では、心身の不調や育児不安があるなどの理由で支援が必要なお母さんと赤ちゃんを対象に産後ケア利用料の一部を助成します。

産後のお母さんの体と心の回復のために、授乳の練習、休息などひとりひとりに合わせたオーダーメイドのサポートを受けることができます。

詳細はお問合せください。

対象者

さくら市に住民登録がある産後1年未満の母子で、心身の不調や育児不安を抱える方など

産後ケアの種類

短期入所型(宿泊)

医療機関や産後ケア施設に宿泊してケアを受けます。

通所型(日帰り)

医療機関や産後ケア施設で、日帰りでケアを受けます。

居宅訪問型

ご自宅へ助産師等が訪問し、ケアを受けます。

自己負担額

  • 一般世帯…利用料の15%(多胎児の場合、多胎児加算を含む利用料の10%)
  • 市民税非課税世帯・生活保護世帯…無料

利用できる産後ケア施設

さくら産後院

獨協医科大学病院バースセンター

那須赤十字病院産後ケアハウス

国際医療福祉大学病院ばーすはうす

芳賀赤十字病院

こうのとり助産院

助成の受け方

事前に申請が必要です。育児や産後の体調等に不安がある方は、早めにご相談ください。

申請に必要なもの

全員

  • 産後ケア事業利用申請書(健康増進課にあります)
  • 母子健康手帳

市民税非課税世帯の方

  • 非課税証明書(税務課)

※令和4年1月1日時点でお住いの市町村で発行されているもの

※証明書発行は有料です

生活保護世帯の方

  • 生活保護受給証明書(福祉課)

※証明書発行は無料です

利用のながれ

(1)利用申請

  • 利用を希望する方は、健康増進課(氏家保健センター)にご相談ください。
  • 後日、母子保健コーディネーター等と面接(30分程度)をして、利用内容、申請書の記入方法等を説明します。

(2)審査

  • 申請後、母子保健コーディネーター等の面接結果を元に、産後ケア事業の条件に該当するかを審査します。

(3)利用の決定

  • 審査により承認・不承認が決定したら、電話でご連絡します。
  • 後日、「産後ケア事業利用承認通知書」または「産後ケア事業利用不承認通知書」を郵送します。
  • 不承認の場合は全額自己負担での利用となります。
  • 申請時の状況によっては、希望のサービスに添えないことがあります。

(4)利用予約

  • ご自身で希望の産後ケア施設の利用希望日の空き状況を確認し、予約を行ってください。

  ※施設によって利用できる赤ちゃんの月齢が異なります。

  • サービス内容、持ち物、料金等については、各施設へご確認ください。
  • キャンセルについては、各施設へご連絡ください。キャンセル料が発生する場合がありますので、ご注意ください。
  • 予約後は必ず健康増進課にご連絡ください。(028-682-2589)

(5)産後ケアの利用

利用料金のうち、自己負担分は、産後ケア施設へ直接お支払いください。


このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
健康福祉部 健康増進課 子育て世代支援係
住所:
〒329-1312 栃木県さくら市櫻野1319番地3
電話:
028-682-2589
FAX:
028-682-5156
(メールフォームが開きます)
このページについてのアンケートにご協力ください
このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページにはどのようにしてたどり着きましたか?

カテゴリー

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています