このページの本文へ移動
色合い 標準 青 黄 黒
文字サイズ 標準 拡大 縮小
RSS
さくら市トップくらし・手続きくらしの相談消費生活にかかわる相談> 高齢者の消費者トラブルを地域で防ぎましょう

高齢者の消費者トラブルを地域で防ぎましょう

掲載日 令和3年12月20日 更新日 令和4年5月24日

高齢者の消費者トラブルを防ぐのは「地域の見守り」です。

地域で見守り1  「気づき」

高齢者宅の異変のサインを見つけましょう!

  • 見慣れない人(スーツ姿・作業員風)や車が出入りしている
  • 不自然な工事をしている(外壁・屋根・床下)
  • 宅配便が頻繁に届いている
  • 未使用の寝具や多量な健康食品が置いてある
  • カレンダーに不審な書き込みがある
  • 古い着物、貴金属が出ている
  • お金に困っている様子が見られる
  • ATMの前で電話をしながら慌てている

地域で見守り2  「声かけ」

本人はトラブルに気づいていない可能性があります。

決めつける言葉やとがめる言い方は避け、相手の意思を尊重し、話を引き出す声かけを心がけましょう。

地域の集まりやサークルなどでも消費者トラブルについて話題にしてみましょう。

地域で見守り3  「相談につなぐ」

本人の相談の意思を確認し、相談したいという場合は消費生活センターにつなぎましょう。


このページについてのアンケートにご協力ください
このページは役に立ちましたか?
このページは見つけやすかったですか?
このページにはどのようにしてたどり着きましたか?

このページについてのお問い合わせ先
お問い合わせ先:
市民生活部 生活環境課 生活安心係
住所:
〒329-1392 栃木県さくら市氏家2771番地
電話:
028-681-1126
FAX:
028-681-1482
(メールフォームが開きます)

最近チェックしたページ

このページを見た人はこんなページも見ています